今年やってみたいこと。

  • 2018.06.21 Thursday
  • 09:13

旅人です。

 

月曜から水曜まで3日ランオフ。完全休養をとりました。

表面的な疲れはもうありません。でも、今週一杯は無理をせず休みます。

 

さてそのウルトラレース(DNF)を終えて、もう二度と100kmなんて!?と思いきや、

 

次回のレースは?と考えています。皆さんと一緒ですね(笑)

 

ただ、自分の走力に見合ったレースを選択してゆかないと、走力向上につながらないばかりか、ケガのリスク、そして、そもそも完走がいつまで経ってもできない。と気づきました。

 

時に、マラソンのセオリーを疑ってみるのが好きで、「実験」と称し走力を無視して「試す」ことに喜びを感じることが多い旅人ですが、やはり、ステップを正しくかつ少しずつ上がらないと、つまりレベルに合ったレースに出てゆかないと結果がついてきません。

 

前回も書きましたが、制限時間内にフラットな100kmが完走できるのかどうか?も分かりません。

 

もし100km完走を目指すなら、

 

100km未満(60K以上で100K未満)のレース出場またはその根拠となる距離を完走できていないとダメですね。この辺りから探したいと思います。(ちょうどこのタイミングでTwitterでフォローさせて頂いているアレックスさんの過去ツイを読み直していたら、ウルトラマラソンを完走するにはたいていサブ4の走力が必要とありました。超長距離を仮にサブ4のペースにまで落として完走するのがするのがギリのランナーだとしたら、フルでサブ4のランナーだと普通に考えてゴールはできません。少しオブラートに包んで表現してくれたのだなと思いました。やはり、3.5前後のランナーが完走の目安なんですね。良い勉強になりました。精進したいと思います)

 

で、ひとまずウルトラは置いておいて、

 

次(7.29はマスターズ陸上の5,000m)が終わったあとになるでしょうか?念願の、山手線1周ランをどこかのタイミングでやりたいと思います。

 

すでに走られている方のツイートを見て楽しそう!と以前から思っていました。

 

そして、ゴール後は上野の立ち飲みで至福の一杯で締めたいです。

 

FUNラン的なイベントレースに興味は向かないのですが、山手線1周のようなランを個人で楽しむのは好きなんです。

 

あとマラソンではありませんが、地元の水戸芸術館で開催の「300人の第九(合唱)」に応募していますので、抽選でこの300人に選ばれると年末に歌うためのレッスンがあります。

 

そう、今年やりたいことの一つが、第九の合唱です。

 

マラソンとは全く違いますが、チャレンジです!

 

ちなみに、旅人は歌は下手です(爆)

 

初心者OK!の文言に素直に従い応募したまで。どうなることやら。

 

P.S.

挑戦ではありませんが、

来週半ばに、地元の水戸市で「一枚瓦城主」の記名式があり参加予定です。

これは、水戸城大手門、二の丸角櫓、土塀の整備を進める水戸市が、寄付金(3000円から)を募集しており、その寄付者を「一枚瓦城主」とし、名前を残すというもの。記名式に参加しなくても代理してもらえるのですが、せっかくの式典なので参加応募しておきました。ちょうどこのタイミングで書道も再開したので良い機会です。

(記名式はおそらく名簿に名前を書くだけだと思います)

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

日光土産。

  • 2018.06.20 Wednesday
  • 08:43

旅人です。

 

今回、日光で宿泊したのですが、泊った先は春茂登というホテル。

 

ツアーの中で指定されたホテルなので選択したわけではありませんでしたが、ボリュームのある料理がついて結構良かったです。一人旅でも宿泊可能ということが分かりましたので、いつかマラソンとは別にプライベートでも利用したいと思います。

 

さて、そのホテルのお隣にあるのが、日光羊羹の老舗の一つ、綿半さん。

 

日光羊羹 綿半さんHP

http://www.nikko-watahan.jp/

 

旅人はもともと日光が大好きで毎年行くのですが、ほぼ必ず購入するのがこちら綿半さんの羊羹なんです。

 

まさか、そのお隣に宿泊するとは夢にも思いませんでした。

 

ということで、期せずして今回も土産に綿半さんの羊羹を購入。

 

最近テレビで紹介されたとか?で、竹皮包み羊羹は通販では手に入りにくかったようですが、店舗では買えました。(6/15から販売再開したようです。グッとタイミングでした)

 

それと、「日の輪」という和菓子も。半生タイプなので日持ちはあまりしません。

 

 

 

決して安くはありませんが、とても美味しいです。

 

今回の土産は2品だけでした。

 

以下は、ウルトラ参加の土産品(参加賞)。

 

 

 

リピーター特典で、日光彫の靴ベラ。

 

 

こんなところ。

 

あと、前日に観光した際に、参拝した先(日光山輪王寺、大猷院)で御朱印もいただきました。

 

パンフを見たら日光の御朱印をぜんぶ集めるとなると結構大変ですね!

 

 

 

日光御朱印が一覧になったパンフがありました。

 

旅人は御朱印集めもやっています。

 

P.S.

ようやく普通に歩けるまで回復してきました。

昨日、仕事で動いたのが良かったのだと思います。

半日屋根に上ったり下りたりでしたが、落ちずに良かったです(笑)

 

6/17(日)レース

6/18(月)休み

6/19(火)休み

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

 

ウルトラ後の疲労回復期間?

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 09:39

旅人です。

 

2018日光100K挑戦が終わりましたので、まずは無条件で1週間はランオフにしたいと思います。

 

レース明け2日目にして歩くのは少しマシになってきましたが、しゃがんだり正座したりはまだ地獄です。

 

そして今日から仕事再開です。

平屋ですが、工事で屋根にのぼるので梯子は注意しなきゃ!

 

さて、素朴な疑問。

 

昨年の日光(70KでDNF)後は、どのくらい休養してから走りはじめたのだろう?とブログをたどったら、

 

ランオフ6日改め、5日休養明けで久々のジョグ再開

 

とありました。

 

昨年のブログ→ジョグ再開(2017.7.9)

 

昨年は、出場するレースの度に、レース後どの程度で足が回復するか?いや、回復しなくても何日後に走れるのか?それを走力と勘違いしていた大きな誤解があったと思います。

 

今年は、無条件で足と体を1週間休ませ、その後は様子を見ながらとしたいと思います。

 

ラン再開後もパフォーマンスが上がっていなければ回復していないわけですから。

 

ネット情報のなかには、3週間ぐらいは回復期間に充てるべきというものもあります。

 

ウルトラ完走者でも数日後から練習を再開できるランナーさんもいれば、翌月にまたウルトラを完走してしまう方まで様々。

 

時に、自分もできるのでは?

 

と錯覚しがちですが、年齢、体重、経験値や走力、そしてレースタイムに至るまでまったく異なる他人に自分を照合させても仕方がないなと思うようになりました。

 

いかに練習が再開できるか?という早さは不要で、必要な期間だけ回復期間に充てたいと思います。

 

その日数が自分にとってどの程度必要なのか?を知りたいだけです。

 

レース本番前に練習の疲労をしっかり抜くことが大切なのと同様、レース後にもケアをしっかりと行わないと疲労が蓄積して秋のレースで体調を崩してしまう可能性があります。

 

免疫力も下がっているであろう今、まずは注意して1週間を過ごしたいと思います。

 

P.S.

以前、マラソンレース前に血液検査は大丈夫か?とネットで調べたことがあります。

記憶では、全献血の場合、ヘモグロビンの完全回復に個人差もあるでしょうが約3週間程度とあったと思います。ウルトラやフルマラソンによる着地衝撃でどの程度赤血球の破壊があるのか?分かりませんが、「完全回復」というのが血液成分レベルまで考慮に入れると、「(ウルトラマラソン後)回復までおおむね3週間」というのは正しいのかもしれません。

もちろん、3週間未満でも走ることは再開できるでしょうが。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

日光ウルトラ振り返り(後編)

  • 2018.06.18 Monday
  • 16:55

旅人です。

 

日光ウルトラ振り返りの後編です。前編は>こちら

 

さて、第三関門の東武バス駐車場(43km地点)ですが、ここでコース荷物の受け取りがあり、朝一にも飲んだレッドブルを用意しておいたのでこのタイミングで2度目の摂取です。同時にショッツ(ライム)も。

 

しかし、これだけの距離の下り(約17km)に慣れていないせいと、そもそもバックパックを背負っての練習においてもせいぜいフラットな30Kまでと、やはり100Kを走破するための準備としては不足していました。

 

また、この時点で疲れも出始めていました。

 

関門閉鎖まであと20分というタイミングで入ったので休憩もそこそこにして次へ出発しました。

 

58kmの地点には、日光江戸村内がコースに含まれています。

 

昨年はこのあたりから歩くシーンになってしまいましたが、今回は疲れは出ていたものの何とか走れていました。

 

その後、第四関門に入ったのは、関門閉鎖まであと15分とどんどん持ちタイムがなくなってきていました。

 

想定より遅く、キロ7分にまで落ちたことで次の鬼の階段は無事通過し、69km地点の東武ワールドスクエアを目指していました。

 

園内の一部がコースになっており、ここで写真を2枚撮りました。

 

余裕があって撮ったのではなく、急に表面化した疲労からレースの終焉が近づいていると知ったからかもしれません。

 

 

 

NYの街並みですかね。ミニチュアです。

 

ワールドスクエアを出て70km地点の計測機を通過したあと、次の関門(82.7KM)には今のペースでは間に合わないことが分かりました。

 

ここまでのペースを振り返ると、

第一関門まで6’57/km

第二関門まで6’49/km

第三関門まで6’39/km

第四関門まで7’05/km

 

それでも、歩いてでも這ってでも一歩でも前に進もうと、第22エイド(72km)を出発。

 

しかし、第23エイド(75km)までの遠いこと遠いこと。

 

70kmを過ぎてから歩くシーンが増え、72kmを出発してからの3kmは完全な歩きとなってしまい、這うどころか一歩も前に進めないぐらい急激に疲労が出てしまいました。

 

 

よって、23給水所でリタイヤ申告

 

75kmで日光挑戦は終わりました。

 

すでにウェルネスから速報がアップされ、ネットで見ると今年は完走率が上がったそうですね。小雨でしたが気温は高くなく走りやすかったと思います。

 

さて、そこで最終タイムの完走者75KMリタイヤの旅人10kmごとのタイムを比較したいと思います。

( )内が最終ゴールのランナーさんです。

 

10km

旅人1:22:11(1:14:06)

 

20km

旅人2:52:58(2:36:50)

 

30km

旅人4:11:22(3:48:12)

 

40km

旅人5:26:44(4:55:16)

 

50km

旅人6:59:52(6:22:21)

 

60km

旅人8:23:49(7:48:46)

 

70km

旅人10:00:25(9:22:27)

 

旅人は80kmを踏めていませんのでここまで。

 

なお最終ランナーの方は、この後も10kmごとのラップでいうと1時間33分前後で通過してゆき、制限時間の12秒前、13時間59分48秒でゴールされたようです。ぎりぎりですが、完走です。最後まであきらめず素晴らしい結果ですね。

 

タイムの早いランナーはもちろんのこと、最終ゴールのランナーも自分の持っている力を最大限発揮してレースをされたのだと思います。両者に頭が下がります。

 

ちなみに、10kmごとのラップではすべてのタイムにおいて最終ランナーが優勢?と思いきや、60km地点においてだけ旅人のほうが3分ほど早かったようです。

 

ただ、60km地点の通過時間ではスタートから35分の差がついていました。

 

70kmの地点では、37分差と、タイム争いとは無縁だったかもしれないランナーにおいても、すでに、最初の10kmからレースははじまっており、そのラップを最後まで維持できないと(あるいは、後半の遅れも計算できた上でのペース維持)、完走ができないということがよく分かります。

 

周囲からは、来年はリベンジ!

 

とありがたい声援も頂いたのですが、75kmリタイヤと100km完走の間は、単なる25kmではなく相当の開きがあると思っています。

 

2度(昨年に続き)やって二度もゴールできていないとなると、出場は個人の自由ではありますが、また来年も同じ結果になることが目に見えています。いまの私にはレベルが高すぎる大会でした。

 

帰りの救援バスのなかで一緒になったランナーさん(旅人と同じ75kmでDNF)が、フラットなコースでは100kmを何度か完走していると言っていましたが、果たして自分はそれができるの?と単純に疑問に思いました。

 

レースに出たきっかけは、毎年プライベートで訪れている大好きな日光、しかもあの「いろは坂」を走るレースがあるの!!とワクワクしたからなんです。茨城県民は小学生のころ、きっと遠足でみな「いろは坂」をバスで通っているはずです。

 

栃木県民だけでなく、茨城県民にも親しい坂なんです。

 

でも、もう二度も走れたのでこの目的は達成しました(いろは坂を走る目的)。

 

次回、日光100kmウルトラマラソンに出る際は、このレースに失礼のないレベルになってから。そうしたいと思います。

 

初のウルトラが日光100の方もいると思います。そして完走できた方もいると思います。

 

でもどうでしょうか?

 

先ほどの最終ランナーのタイムを見る限り、フルで言えば、やはりサブ4は最低限のような気がします。

 

20km以上の上りを含む計40キロの地点で、最終ランナーでさえ4時間55分です。

 

限りなくサブ3.5に近いか常に3時間30分前後で走る走力があり、かつフルを超える距離においてある一定のペースで足を維持して走る走力を持っていないと、日光に限らず高低差のあるウルトラレースはこなせないと思います。

 

旅人はまだそのレベルではないことが二度DNFで改めて分かりましたので、まずは目前のレースをしっかりこなしてゆき、少しずつレベルを上げて、日光ウルトラにふさわしい走力がつけられたとき三度目の挑戦をしたいと思います。

 

結論としては、

 

当面は、できるかどうか?分かりませんが、サブ3.5(または近いタイム)ができないと日光100Kの完走はできなさそう。

 

それと、フラットな100kmが完走できないと論外のような気もします。

 

フルが早けりゃ、ウルトラの完走もぐっと近づく。そう思います。

 

レースに出ることで実力をつけてゆくというステップもありますが、それならばフラットな大会に出て距離への確実な耐性ができてから臨む方が適切かもしれません。

 

なんせ、100kmという距離自体をまだ踏んだことがありませんから、ウルトラに出るならこの距離も重要ですね。

 

ウルトラと言えば、

 

旅人は、初のフルマラソン(水戸F)の前に柴又60K(ぎりぎり完走)を走りました。

 

「60K走れれば、フルは走れるんじゃないの?」という考えから先に走ってしまいましたが、100km完走できたらウルトラランナーですと名乗りたいと思います。もちろん、50Kでも60Kでも、70Kでもフル以上の完走者はすべて立派なウルトラランナー

 

でも、100kmには強い憧れがあります。

 

この挑戦はもう少し先。

 

次回は、7月に5,000mの千葉マスターズがあります。

 

100km完走者は、5,000mも早いでしょうから、まずはしっかりと体を休めてから短い距離を疎かにせずしっかりと挑戦したいと思います。

 

P.S.

今回、気になっていた「膝」の痛みは最後までありませんでした。

ペースが遅かったせいもあるかもしれませんが、レース前、ブログを読んで頂いている先輩ランナーのRRRさんから「休養やウォーキング」のアドバイスを頂き、自分なりに膝の休息などをとったことも大きいと思います。完走はできませんでしたが、この場を借りてありがとうございました。リタイヤは膝ではなく、走力が足りなかったせいです。この敗因は月日が足らず来年には活かせませんので、日光は当面お預けです。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

日光ウルトラ振り返り(前編)

  • 2018.06.18 Monday
  • 15:30

旅人です。

 

結果(75kmでリタイア)はすでにTwitterでお知らせ済みですので、レース内容を簡単に振り返ります。

 

(大阪方面の皆様、ご無事でしょうか?こんなタイミングでブログを更新していてスミマセン)

 

なお、これからウルトラに初めて出られる方、日光100kmに出場される方には、DNFの私のブログより完走された方の情報を見ることをお勧めします。

 

単純に考えても完走者の情報のほうが有益だと思うからです。

 

では、なぜ書くの?

 

と思われるかもしれませんが、そもそも自分の練習やレースを振り返るために書いていますので、自身にとっては必要なものだからです。

 

と、固い前置きをしつつ、

 

まず、レース前日ですが、既報通り日光入り。ホテルに荷物を預け、徒歩で受付会場へ。

 

その後は、お先に日光観光

 

あとで、徒歩の距離も確認しましたが、自宅を出てからの歩行距離も含め6km未満と特にレースに影響がなく収まりました。

 

夜は、18:30にホテルの夕食後、深夜1時の起床まで結局一睡もできませんでしたが、これも昨年と同様、予想通り。レース週は連日十分な睡眠で備えていましたので、前日の不眠がDNFの最大の理由ではないと思われます。

 

ホテルからツアーのシャトルバスで現地入りしたのは午前3時。

 

4時までの約1時間、無駄なエネルギーを使わないよう座っていました。

 

整列前になってから、レッドブルとショッツで最初からカフェイン注入


 

朝の4:30、キロ6分30を意識して雨天の中スタート。

 

事前に雨天も想定し、Tシャツを重ね着し、レースでは初めて使用のアームカバーのおかげで折からの寒さも防げました。

 

準備しておいたビニール袋をカッパ代わりにし、手袋もしていました。

 

序盤、スタート地点のスケートセンターこそ下りですが、最初のエイドから中禅寺湖までずっと上りです。距離にして約20kmちょっとでしょうか。(ハーフマラソンの距離を上れないとそもそも日光100Kは成立しませんね)

 

走力に劣る旅人にとって、最初の関門までにペースが遅すぎても早すぎてもダメと言い聞かせ、設定ペースを意識して走りましたが、やや遅れました。(第一関門まで、キロ6’57)

 

いろは坂の入り口、馬返し地点が第一関門。

 

序盤のミスは、事前に用意した給水ボトルに先に粉末を入れ、水を後入れしていたため、全く溶けていなかったこと。

 

初歩的なミスで13km走ってから気付きました。

 

さぞ給水の吸収が悪かったことでしょう。

 

それでも昨年はうまく上り切れなかったいろは坂を給水時以外、ほぼ歩くことなく走ることができ、まずはクリアです。

 

中禅寺湖に着くと昨年は対岸に素晴らしい景色を見せた日光男体山がガスで見えません。

 

今回、写真を撮るより完走に執着しようと臨んだ大会でしたので雲に隠れていてホッとしたのが正直なところ。

 

下の写真は、昨年のもの。

 

 

 

男体山ふもとの中宮祠を折り返し、第二関門も予定より少し遅れたもののクリア

 

今度は第一いろは坂。下りコースです。

 

昨年は膝が痛くて何度も下りで歩いたり立ち止まってしまいましたが、今年はゆっくりながらも無事に降ることができました。

 

26km地点(第二関門)から東武バス駐車場(約43km)まで、途中、東照宮あたりの上りを除いてまずは16kmちょっと下りが続きます。(もちろんそこから先も下りです)

 

この辺りで最初の疲れが出てしまいました。持参した消炎スプレーを使いながら坂を下ってゆきました。

 

(前編終わり)

 

続きは、後編で。

 

 

P.S.

スタート前に撮ってもらいました。

本来はゴール後、完走者が立つ位置ですね。。。

 

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

お先に日光観光。

  • 2018.06.16 Saturday
  • 18:05

旅人です。

 

日光に昼前に到着し、まずはホテルへ直行。重たい荷物を預けて徒歩で受付会場の霧降スケートセンターへ行きました。

 

3km弱と思ったら、実際歩いてみると3km超えてました。まあ100km走るのに細かいことはいいか。

 

天気は予報通り雨。

 

近くの蕎麦屋でランチを済ませ、会場に着いたのは13時ちょっと過ぎ。

 

皆さん、シャトルバスや車で到着し次々と受付をしていました。

 

この後混雑するのは昨年通りのはず。

 

説明会は14時からなんですが居場所ごない。トイレも混雑。おまけに、昨年はホテルまでのシャトルバスにも漏れてしまう始末。

 

ツアー会社の問題なのですが文句を言っても仕方ないので、今年はそうなる前にさっさと受付を済ませた後、シャトルバスで東武日光駅まで戻りました。

 

とは言え時間は早く、特典としてもらった日光観光の一つを選択し先に見てきました。

 

 

 

いくつかあるのですが、使用できる期間がレース前日の今日と開催日、それと翌日だけです。

 

前日に歩くのは本来好ましくなく、レース当日は早々と関門アウトにでもならない限り観光などできず、レース翌日はもう帰ってしまっているランナーや激戦で疲労したカラダで足を引きずって日光観光するか?なんとも使い勝手が悪いお楽しみ券なのです。

 

ただ、これも文句ばかり言っても仕方がないので、今日のうちに観光してきました。

 

昨年は月曜の朝に観光したのですが、今年は完走できる!と信じて先に観光。2泊3日のプチ旅最終日は足を引きずって帰りたいと思います。

 

日光山輪王寺と大猷院を見ました。

 

 

輪王寺は何度も来ていますが、大猷院は初めて。素晴らしい建築物です。

 

 

ただ無料券での観光なのに、ハマっている御朱印などを書いてもらいそれなりの出費に。日光でも相変わらずの旅人です。

 

観光を無事に終えた後はホテルに戻り明日の最終チェックをして、寝る?

 

深夜1時起床、

2時30分にはシャトルバスで出発ですので、ツアー組でまともに寝れるランナーはほとんどいないと思いますが、「1日ぐらい寝ないでマラソンやっても大丈夫」と昨年ネット情報で読んだので誤情報であったとしてもこれを信じて、寝ても寝なくてもいつも通り頑張ります。

 

今年は完走したい!

p>

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

明日、日光へ。

  • 2018.06.15 Friday
  • 15:42

旅人です。

 

きょうは雨で午前、午後とも工事(仕事)が中止となりました。

 

夕方、トレッドミル?と思ったのですが、足が重たいのでランはやめておきます。

 

私は、ツアーに申し込んだので、明日から宿泊です。

 

水戸駅を出発し、高速バスで宇都宮へ。

 

宇都宮から日光駅までJR。

 

ツアー宿に確認したところチェックイン前に荷物を預かってもらえるとのことだったので、重たいザックで歩き回るのはやめてまっすぐホテルへ向かうこととしました。

 

日光駅からも送迎バスが出ているので、少し待つようですがこれに乗ってホテルへ行き、いったん荷物を置いてから説明会会場(スタート会場)へ徒歩で行こうかな?と思います。だいたい2.5kmほどのよう。

 

慣れない道を歩くのは疲れますが、途中までは勝手知れた日光。

 

今日ランオフならば3km弱歩くのは大丈夫だろうし、なんせ会場で帰りのバス(17時だとさ)までザックで歩いているほうが疲れてしまうから、荷物がなければだいぶ楽なはず。

 

それでは、

 

明日、同じウルトラマラソンに出られるランナーさん、よろしくお願いします。

 

旅人は、1126です。

 

いい風呂(1126)です。

 

皆さんの前を行くことはありませんがレース中どこかで見かけたら声をかけてください。

 

昨年は、いろは坂で、アメブロの落ちこぼれのトレイルランナーさんとお会いできました。

 

説明会の会場では、誰かに会えるかな?

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

 

 

 

軽めにジョグ&日光の準備。

  • 2018.06.15 Friday
  • 10:27

旅人です。

 

今日が雨だとは知りませんでしたが、昨日は、「走った方がパフォーマンスが上がるかどうか?」と迷い、仕事で疲れてはいたものの、「少し走っておく」ほうが好ましいだろうと判断し、軽めのジョグ。

 

きょうはやや疲れが出ていますが、金土と2日休んで臨むか?

 

雨天なので、トレミでもやりにいくか?夕方決めます。

 

もっとも、前日受付で日光入りしますが、ザックの荷物を背負って会場をうろうろと歩くのでほんと疲れます。いっそのこと、金曜もランオフでも土曜がウォークのようなものですから。このあたりも踏まえて今日トレーニングするかどうか?考えます。

 

昨日は軽めで終わりです。

 

 

4km弱。

 

仕事でへとへとですので、これでよしとします。

 

帰ってからは、ようやく準備にとりかかりました。

 

 

こんなウェアで行く予定。

 

それと、前回(昨年)は関門タイムもペースもまったく分からないまま走ってしまいましたので、その通りに行くかどうか?は別として、自分なりにペース計画を立てました。これはとても重要だと知ったのは、日ごろからブログを拝見しているシルバー・アスリートさんのおかげ。

 

100円ショップで単語カードを買ってきて、各関門やレースペースなどを書き込み持参することにしました。

 

 

防水だそうです。

 

 

スタート時は、6'30/kmのペースで。

 

第一給水所は、2.8km地点。

 

 

ぺらぺらとめくると、第四給水所が馬返し(12.8km地点)、ここが第一関門。

 

 

第二関門が中宮祠(26km地点)、8時25分が関門。

 

 

計30か所のエイドと関門やペースなどを書き込み、100kmがまだ見ぬフィニッシュ。

 

裏をめくると、ゴール予定というか、想定の希望時間が、17時44分。

 

 

さて本番はどうなることでしょうか?

 

ひとまず、アルコールは抜いてません。できれば前泊の旅館でもやりたいです。ランナーばかりが宿泊しますが、あの飲まない雰囲気は苦手。殺伐とするレベルではないので、楽しく!でも、完走しよーぜ!がいいなぁ。

 

ただ、コーヒーは抜いてます。当日、カフェインの効きをよくするため。(どれほどの効果になるか?は分かりません)

 

決戦は日曜日!

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

 

 

 

【番外編】28年ぶりに書道を再開。

  • 2018.06.15 Friday
  • 10:07

旅人です。

 

テスト前日に部屋の掃除をするタイプです。

 

ちなみに、ネットで調べたらこうした行為を「セルフ・ハンディキャッピング」と呼ぶそうです。

 

物事が達成できなかったときの言い訳を作る行為だそうです。逆に達成できた場合は、ハンディがあったにも関わらず成功できた!と自己評価を高めることができるそうです。

 

さて、その言い訳づくり?かどうかは分かりませんが、

 

28年ぶりに書道を再開しました。

 

もともとは、書道を専攻して大学に行ったのですが、あまりにもレベルが違い過ぎたこと、また同時にやっていた空手に専念するため書道をやめたんです。

 

で、なぜ今頃再開?

 

実はわたくしが通っていた書道教室から日々お仕事を頂いているので、決して嫌いではなかった書道に再入会することで少しでも恩返しができれば、とそんな思いからでした。

 

書道は小学生から。

 

柔道と空手は高校から。

 

全く異なるものですが、同じことを繰り返す動作というのは同じで、また「静」と「動」が良いバランスでした。

 

とりあえず今回は、「半年間だけやってみます」と再入会してきました。

 

さて、28年ぶりに筆を持ったらこんな感じでした。

 

 

2018年6月8日。

 

前にも載せましたが、高校時代はこんな字(下)を書いていたんですがねぇ。

 

 

右側の作品が入選した書ですが、もう書けません。

 

意外?と思ったらぜひ投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

 

 

昨日のジョグ。

  • 2018.06.14 Thursday
  • 12:12

旅人です。

 

今週は、たぶんこんな感じで過ごすと思います。

 

月)オフ

火)トレッドミル3km

水)ジョグ

木)オフ

金)ジョグ

土)オフ

日)レース(日光ウルトラ)

 

昨日は、途中シャワーランになってしまいましたが、いつもの千波湖を1周だけして帰ってきました。

 

前日の慣れないトレッドミルのため、足が重たかったです。

 

固い路面も疲れますが、慣れないとマシンもきついですね。

 

本番まであとわずかですが、当日とほぼ同じ格好で走りました。結局、先日買ったヒップバッグが想像以上に揺れるためバックパックにしますが、給水ボトルは必要に応じて入れたり、空にしたりして重さを軽くして走りたいと思います。

 

千波湖到着後はややペースを上げ、キロ5’10で2kmまで走り、最後の1kmはもう少し上げて(4’40/km)で終了。

 

筋トレ時、あえてインターバルをカットしてやっているスクワットのおかげか?全く息が上がりませんでしたが、たかだか3kmなので、いま現在の調子をもって100kmを完走する保証は何もありません。

 

走力のない旅人にとっては、とにかく「ゆっくり走る」。ゆっくり走るのだけれど、関門があるので「タイムを気にして走る」。飛ばす局面を作らない(足が終わるので)でいかに長く走っていられるか?頑張りたいと思います。

 

さて、やや重のカラダでしたが、千波湖1周を終えてまたジョグで帰ってきました。

 

 

停止検知オフでしたので、平均ペースは、6’37/kmでした。

 

先週1回しか走っていないので疲れは抜けているはずですが、とにかくよく眠れます。やっぱり疲れているのでしょうか?

 

今日はオフの予定ですが、走ってしまっても大丈夫そう!?

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

マラソン結果

フル:03:58:11 (2017水戸黄門)

ハーフ:1:41:14 (2018大子町)

10km:46:30 (2018勝田)

3km:11分56秒 (2018千波湖元旦)

スポンサードリンク

マラソン関連本

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

新品価格
¥2,160から
(2018/2/24 18:13時点)


42.195KM トレーニング編 第2版

新品価格
¥3,024から
(2018/3/20 12:46時点)


ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング





MYシューズ






ブログランキング

よろしかったら投票お願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM