中野陽子さん。

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 08:28

旅人です。

 

先日のテレビ放送で中野陽子さんが取り上げられていました。

 

雑誌では中野さんの記事を読んだことがありますが映像では初めてでした。

 

御年81歳。

 

実は、先の水戸黄門漫遊マラソンでは同じブロックで、私の真後ろにいたのが中野さんでした。

 

正しくは、私がCブロックに並んだのが遅く、すでに列に並んでいた中野さんに気付かずに前に入ってしまったというのが本当のところ。

 

スタート前、

 

テレビカメラが旅人を撮影していたので、

 

ブログやってるぐらいで随分有名になったもんだなぁ〜

 

とは思いませんでしたが(笑)、

 

実は、中野さんを撮影されていたようです。

(ここはオンエアにはなりませんでしたが)

 

テレビ番組では、朝起きてしっかり朝食をとって、それから週3ぐらいで仕事場まで歩いてゆき、帰りは走って帰る。夕食の様子や子供たちとかけっこ競争のシーンなど日常を垣間見ることができました。

 

70歳から生涯できるスポーツとしてマラソンを選んだとのこと。

 

それまではスキーのご経験だそうです。

 

スキーもかなり体力、足腰使いますからね。

 

ご健康で何より、というよりもフルマラソンのタイムも結構早いですから驚きです。

 

去年のタイムだと私よりもだいぶ早いですから。

 

まあ、コツコツと続けてゆくことで得られる足というものもあるでしょうから、比較するのではなく、自分がどんなランを求めるか?

 

走ることで縛られてしまうよりも、

 

走ることがこの先もずっと楽しみであるラン人生がいいですね。

 

中野陽子さんって誰?

 

と思われた方は、検索で「中野陽子 マラソン」などとキーワードを入れてみてください。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

ウルトラはもっときついぜ!

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 08:17

旅人です。

 

レース後2日目です。

 

相変わらずの筋肉痛でしたが、昨日も走りました。

 

せっかく筋肉痛になったのだから、ウルトラ後半の脚を自分の足に経験させておくために。

 

と言っても、決して無理はしていません。

 

走れないときはちゃんと休みますから、昨日のように何だかんだ行って走れるときっていうのは、大丈夫な日なわけです。

 

でも太ももが張っていて思うようにスピードは出ない。出なくてもどう走るか?できるだけ着地衝撃も少ないように、できるだけ足だけの走りにならないように、いろいろ考えながら走ると結構楽しいものです。

 

レース後じゃないと痛い日に走れませんから良い経験です。

 

 

距離は約12kmちょっと。

 

ペースは、6:08/kmでした。

 

シューズにも拠りますが、このペースだと旅人にはまだウルトラマラソンは走れないペースです。恐らく後半、足に来てしまうだろうというペース。トップ選手はウルトラもフルも早いのでしょうが市民ランナーはそうも行きませんので、フルで出し切るペースからだいぶ遅れたタイムになるだろうと思います。

 

自分の最速とできるだけ長く走っていられるペースとの幅を広く持てれば、長丁場のレース、しかも起伏のあるコースでタイムコントロールができるはずです。

 

そのためには、連日書いていますが、超長距離を走れる脚と同時に短くも速く走れる脚と両方を鍛えてゆく必要があると感じます。

 

あぁ痛い。

 

でも、ウルトラはこんなもんじゃないぜ!

 

来年が楽しみです。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

 

この1年で向上したことは何?

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 08:07

旅人です。

 

昨日のブログで、この1年でタイムは向上していないでは?と自身の反省として書きました。

 

マラソンの「向上」を「タイム」ととらえると、私のようにまだフルマラソン3回目のケースでは、ちょっとしたテクニックというか方法を知ればタイムは上がるものだろうと思います。

 

走力でタイムを縮めるにはそれなりの練習が必要であり、

 

タイムで縮めるというからには、タイムで練習・管理するのが当然なのだろうと思います。

 

昨年は、記録というものに関心が薄くこだわりもありませんでしたが、今年の夏以降はその必要性をようやく感じてきました。

 

もっとも、昨年はそのレベルではなかったのだろうと思います。

 

さて、タイムでのレベルアップは現状もあまり感じていませんが、他に今年1年で成長できた点はなかったのだろうか?と考えてみました。

 

欠点や反省は日々見つかるので、たまには良い部分も見つけてやろうと客観的に感じました。

 

一部、昨日のブログでも書いてはいますが、

 

旅人の今年良かった点を挙げてみます。

 

同じコースを3回走ると足が慣れると気づいたこと。

かさまトレイルの前に3度走ったことで体と足が起伏のある山に慣れてゆくことが分かりました。1度や2度じゃキツイけど、3回走れば慣れる。体力をつけるにはその後も継続すればなお良いことが分かりました。

 

10〜20kmジョグでの回復が早くなった。

残念ながら昨年よりも走行距離は減っていますが、同じ距離を走るなら「疲れ」を感じにくくなりました。昨年は無理して走っていた距離も今年は回復が早いので(距離に慣れたというほうが正しいかも)、また次の日もトレーニングができるようになった。

 

10時間運動し続けることができた

ウルトラに向けての事前のトーレニング、そして本番(DNFでしたが)で過去にやったこともなかった継続的運動が10時間以上できることが分かりました。もちろんすべてを走っていたわけではありません。歩きも含めてですが、連続して運動ができないとウルトラ完走は難しいわけで、長時間の運動体験ができたことは今年良かった点です。

 

タイムの意識が芽生えた

早くなるばかりがマラソンの楽しみではないことを前提に、それでもタイムの向上は嬉しいもの。その気づきができた年でした。タイムに縛られるのではなく、「時間」を自分でコントロールすることで走る楽しみが減らないようにしてゆきたいと思います。

 

スピード系トレーニングの必要性を感じることができた

ウルトラマラソン完走が憧れ。ここは変わっていません。しかし、そのためにはフルマラソンをしっかり走らなければならない。もっと細かく考えてゆけば、ハーフや10kmもしっかりとこなしてゆかなければならない。漠然と「長い距離を走り切る」目標だけを掲げてきましたが、根本の部分の大切さにも気づくことができました。長い距離も、短い距離も両方からアプローチしてウルトラ完走を目指したいと思います。

 

このような点が良かった部分でしょうか。

 

11月のうちの自分の良いところと反省すべき点とが見つかって年末に向かってゆければ、「終わり良ければすべてよし」となるかなぁと、また少し甘い部分も持ち合わせている旅人なのでした。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

次回、ウルトラマラソンのペース?

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 07:50

旅人です。

 

レース明けの昨日はジョグでした。

 

昼間はガッツリ仕事。夕方は丸一日経っても足が筋肉痛でしたが、他の痛みがないか?どの程度走れるのか?を確認するために走りました。

 

 

ペースは、6:20/km。

 

いつもの5:20/kmではさすがに走れずこのペースとなりました。

 

太ももに筋肉痛はあったものの「ふくらはぎ」は痛みがなく、この点では良い走りができたと思います。

 

また、筋肉痛以外の痛みはなく、足首や腰など確認しながら走りましたがケガもなさそうです。もちろん上半身の筋肉痛はありません。

 

それと、

 

約13kmのジョグで気づいたのですが、このペースならあと10km以上は走れるかな?という感覚でした。(走れないかもしれませんが、感覚として)

 

なので、次回、ウルトラマラソンに向けてのトレーニングをする際の一つの目安にしたいと思います。

 

6:20/km。

 

前回のレースも、そして事前の練習も、完走に向けては「ゆっくり走る、足を温存させて走る」という漠然としたものしか持ち合わせていませんでした。キロ何分ならばどの程度走れるのか?逆に走れないのか?事前に知っておく必要があると感じているのが今。

 

よーく考えれば当たり前なんですが、もうウルトラマラソンに出るんだ!という、それだけで舞い上がっていたように思います。

 

まあ、そのような燃え上がるような気持ちの感情もいつまで続くか分かりませんから、初心者ならではのこうした気持ちの高ぶりも大切にしてゆきたいとは思いますが、一方、完走を目指すなら冷静に計画を立てる必要があるなと。

 

その一つの目安(ペース)として、このタイムを設定してみました。

 

次回、ウルトラ用の練習の際は、キロ6:20が目安です。

 

 

あと、昨日アップし忘れたので、高低差のある「西金砂郷登山マラソン」(14km)のアプリ画面。

 

 

現状よりも向上するためには、全力でのデータも頭に入れなながらどこをどう改善すべきか?

 

また考えながらやってゆきたいと思います。

 

P.S.

今週は、水曜か?木曜か?それとも2日続けてのランオフか?

なので、たぶん今日も走ると思います。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

この1年、走力は上がっていない?

  • 2017.11.20 Monday
  • 12:08

旅人です。

 

昨日は、レース(14km)から帰ってきてジョグに出ました。

 

 

疲労がどの程度なのか?を知るためです。

 

意外と走れるかな?と思いきや、後半足が痛くなりやめました。

 

距離は約13kmでした。

 

さて話は本題に戻します。

 

ランをはじめて2年ちょっとですが、今年は、「走力」が向上していないのではないか?と年内最後のレースを終えて感じました。

 

先日のフルマラソン(自身、3回目)ではやっとギリギリのサブ4、そして今回の14kmレースでもタイム的には3分縮めることができました。しかし、それは走力がアップしたというより、足が遅いながらもレース戦略、コース戦略だけで達成した部分が大きいと感じました。

 

サブ4レベルであまり詳細を書いても仕方がないのですが、自身のことなので簡単に書くと、

 

昨年、人生初めてのフルマラソンでは、4時間38分超かかりました。

 

トイレに入った回数と給水時間をスマホアプリの「停止時間」で見ると20分以上。

 

つまり、このロスがなければ、たらればの話ですが、4時間18分前後で走りきれたことが分かりました。

 

それと、スタートからハーフ折り返しまでのペースがスローペースでした。昨年は、タイムで走るという概念がなく、距離信仰だったことも大きいですが、自分がキロ何分で走っているかなんて考えたこともありませんでした。

 

半分を折り返したところで、漠然と4時間を切れると考えていた私はそこからペースをどんどん上げてゆきました。

 

ペースを上げたといっても、感覚でペースを上げただけです。

 

30km過ぎに最高ラップが出ました。最後、少しは足が遅れたものの今年よりも足が持ったのではないか?と思える後半が初マラソンでした。

 

よって、今年は、前半、スローペースにならなければサブ4の達成はできることが想像できました。

 

結果は、ネットタイムで3時間55分台。サブ4はできましたが、走力の向上の目安が「タイム」であるならば、初マラソンと比較して大きく成長していなかったことは明らかです。

 

それは今回の登山マラソンでも同じでした。

 

もっとも、タイムやペースを意識しはじめたのは正しく言えば、今年の日光ウルトラのDNFの後からです。

 

シルバーアスリートさんの書籍を読み、ペースやタイムの必要性がやっとわかったわけです。

 

今年は11月も半ば過ぎですが、実際にはタイムを意識して3ケ月ほどと言ったほうが正しいかもしれません。

 

タイムだけがマラソンの楽しみではありませんが、ウルトラマラソンという超長距離を完走することが目標の私にとって、タイムの向上がなければ完走も難しくなります。

 

昨年よりも走行距離が足りません。

 

昨年は息が上がるほど泳いでいた水泳もやっていません。

 

昨年ほど山も走っていません。

 

昨年ほど3kmトライアルもやっていません。

 

向上したと言えば、昨年と同じぐらいの距離を走っても疲れが残らなくなったことでしょうか。距離に慣れてきた部分はあると思います。これも大切です。

 

しかし、タイムを縮めたいならばタイムを縮める練習が必要であり、超長距離を完走したいなら、それなりに距離も踏む必要があるのだと改めて感じました。

 

どちらも必要なのですが、

 

どちらからやるのか?と言えば、自分的には距離をしっかり踏んで、40kmでも50kmでも普通にこなせるようになった上で、スピードの追及が必要なのかな?と。

 

来年は、短い距離からスタートします。

 

スピードが足りないからですが、忘れていけないのは、ベースとしては距離をしっかり踏む。その上で、短い距離をしっかり走る。

 

やっぱり両方なんですよね。

 

今年の反省として、自身と同じランクにいる方は、きっとフルマラソンを走り切る体力がないままフルマラソンに出場しているのかもしれません。すると、結果途中で足が攣ったり、30kmで足が止まったり。絶対的な距離の不足なのかもしれません。

 

スピードを追求するのと同時に、マラソンを走り切る体力をしっかりつけてゆきたいと思います。

 

P.S.

長い距離を走り切るために、時々、ロング走をやりたいと思います。

いつもはできませんが、その延長線上に日光ウルトラ完走があるのだと言い聞かせながら。

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

レース後は温泉。

  • 2017.11.20 Monday
  • 09:37

旅人です。

 

昨日は西金砂郷登山マラソン大会でした。

 

レースの参加賞には、

 

1.けんちんそば(引換券)

2.温泉入浴券(金砂の湯)

3.地元産のお米

4.納豆

 

 

このようなものがありました。

 

けんちんそばは、レース後、あらかじめもらっていた引換券を渡すと食べることができます。ランナーの人数分ゆでているものですので麺は伸びていますが、レース後に温かいものを頂けるのはありがたいです。

 

旅人は、ほかの出店ブースで、みそ田楽も食べました。こちらは実費。

 

また、スタート地点が温泉施設にもなっているので引換券で入れるのですが、大混雑していた昨年を知っているので、レース後は少し離れたところにある「三太の湯」という温泉施設まで車で行き、そちらで疲れをいやしました。

 

三太の湯の駐車場付近で紅葉も進んでいました。

 

 

 

 

ちょうど昼時の訪問だったので、先に食事をとりました。

 

ノンアルコールビールで一杯。

 

引き続き、季節限定の「カキフライ定食」を食べました。カキは冷凍の業務用のようでしたが、6個もあれば大満足なのです。

 

それから温泉へ。

 

普段はシャワー派なので、ひさびさに湯につかると温まりますね。露店風呂とサウナを往復して癒しました。

 

温泉を出た後は、まっすぐに帰らず大子町へ。

 

道の駅で「りんご」とアップルパイを自宅への土産として買いました。

 

さらに、大子町から栃木県馬頭町方面へ。

 

国道118号線沿いは、同じ日に開催された「芋煮会」というイベントがあり渋滞するのを知っていましたので、迂回とドライブを兼ねて茨城県からお隣の栃木県へ。

 

普段通らない道を走るだけでも気晴らしになりますね。

 

馬頭町ではちょうど終了寸前でしたが、広重まつりという小さな商店街で歩行者天国が開かれていましたので車を降りてぶらりと歩いてみました。

 

知らない町の知らない商店街の、そしてまったく知らない小さな地元のお祭り。

 

旅人は、こうした自分の目に新鮮に映るものが大好きです。

 

わずか10分、20分の滞在でしたが楽しく歩きました。

 

帰りは国道123号線。こちらは通り慣れた道ではありますが、そろそろ日も暮れてきたので一路自宅へ。

 

レース終了時間が早いと、これはこれで有効に使え楽しいですね。

 

(今回のルート)

常陸太田市西金砂郷

※マラソン大会

  ↓

大子町

道の駅大子で買い物

  ↓

栃木県馬頭町

地元のお祭り

  ↓

ドライブしながら帰宅

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

西金砂郷登山マラソンレース結果。

  • 2017.11.20 Monday
  • 08:16

旅人です。

 

昨日は、茨城県常陸太田市で開かれた「西金砂郷登山マラソン」大会がありました。

 

 

西金砂郷登山マラソン

 

ちょうど昨日から寒くなりましたね。金砂郷も少し山に入ったところにある町ですので寒かったです。

 

さて、肝心の足のほうですが、

 

普段ならレース前日は少し走るのですが、金曜日に足が重たかったため前日の土曜日は全く走らずに本番を迎えました。そのほうが良いだろうという判断です。

 

結果的にはこれで良かったと思います。

 

登山マラソンは登山コースを走るものではなく、上りと下りがある14kmのロードレースです。

 

タイムは、

 

(昨年)

1時間11分48秒

 

(今回)

1時間08分26秒

 

昨年より3分ぐらいですがタイムが縮まりました。

 

根拠ない目標ですが、1時間8分台でしたのでタイム的には合っていました。

 

コース戦略は、

 

平地が、キロ4:50〜5:00。

上りが、スピードを上げずテンポよく。上りの残り1kmからペースを上げる。

下りは全力で。

 

こんなアバウトなプランにしました。

 

下りは昨年の自分と差がほとんどつかないだろう、と。上り切る体力と足だけ残して、平地でいかにタイムを縮められるか?そこだけだろうという判断になりました。

 

かと言って、キロ4分30秒ぐらいで突っ込むと山に登るときに足がなくなり歩いてしまうことも想定。

 

小さな大会のため、出場者も少ないレースです。先頭集団から前半グループのスピードに自分がついてゆける?と勘違いして前半の飛ばし過ぎには注意が必要。中盤以降の選手は分かりませんが、登りを歩く選手は結構多いと思います。

 

そうならないようにするためには、やはり昨年よりも平地でのスピードを上げる。

 

ここだけを課題としました。

 

結果的には、自分の足では前半スピードが上がっていたのですが、登りも持ちこたえられて良かったと思います。

 

 

※iPhoneアプリでの計測のため、実際の記録(タイム)と測定には誤差があります。

 

スタート時、4:30/kmで突っ込まないようにと思いながら、まさにそのペースからスタートしてました。

 

4kmぐらいまでずっと平坦だと思ったのですが、少し登りだったこと。また自分のペースが心配でその後落としたのかもしれません。

 

5kmぐらいから、傾斜があるなと感じる上りコースが始まってゆきます。

 

実は、昨日は寒かったのですが、スタート前、室内にいたため暑く感じ、アンダー類を脱いでわざわざ半袖短パンに着替えなおしたんです。外も日差しが出てくるだろうと。スタートは10時でしたから。

 

しかし、外は結構風が吹いていまして、アップしている間に足が攣り出してしまいました。

 

タイミングが悪いのですが、いったん預けた手荷物を返してもらい(小さな大会なので容易にできる)、バッグに入れてきたサロンパススプレーを足にかけて戻しました。

 

再び着替える時間まではなかったので、半袖短パンのままです。

 

スタートしてからも足がぴくぴくしていましたから、どうか攣りませんようにと祈りながら登りに突入しました。

 

登りはテンポよく。

 

歩かないのはもちろんですが、飛ばしてもスピードはたかだか知れていますし、無理に足を使えば残りの登りで足攣りやペースダウンも考えられます。

 

自分より早い選手と競ってもどうにもなりませんので、昨年の自分と比較して、今年はどう戦うのか?

 

体重が軽くなったことだけとっても、テンポよく上れば最低でも昨年よりはわずかに早いはず。そんな思いで焦りを抑えました。

 

あと1kmで上りも終わり(頂上)というところからスピードを上げました。

 

下りはできるだけ全力で。

 

シューズは、ミズノのウェーブシャドウ。

 

ウェーブライダーよりも軽くてクッションがあるため、下りの約5km程度なら多少粗い走りをしても平気です。

 

昨年は、登りからほとんど抜かれることはなかったのですが、今年は登りもそこそこ、下りは結構抜かれましたね。前回よりも少しだけ早い集団に位置できたので、走力が旅人よりも上ということなのでしょう。

 

最後、勾配がゆるくなったゴール手前でも2人に抜かれ到着。

 

反省は多々ありますが、余力は残さずに走れたと思います。

 

 

P.S.

ひとまず、レース結果と展開だけ書きましたが、

正直、昨年の自分よりも走力は大して伸びていないのではないか?というのが反省です。

前回の水戸Fでもそうですが、タイムは確かに伸びましたが、それは、いま持っている脚においてのコース戦略だけで縮めた気がしてなりません。

 

昨年はコースをどう走るか?自分がキロ何分何秒のペースで走れるか?なんて分かっていませんでしたから。

 

走力アップしているか?という観点からは、横ばいかもしかしたら落ちているのではないか?というのが大きな反省です。また改めて書きます。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

体が重い。

  • 2017.11.18 Saturday
  • 08:32

旅人です。

 

またブログが消えてしまい最初から書き直しです。

 

「下書き保存」はブログを書いている途中に何度かやりますが、出だしの場合は、ある一定のところまで下記進めてからボタンを押すわけで。最初に押す「下書き保存」を押せないまま消えると、つまり、ブログは一から書き直すことになります。

 

と、ランとは全く関係のないところから物語は始まります。

 

すみません。

 

ちゃんと書きます。

 

明日は、14kmのレースですが、ブログは昨日のラン内容です。

 

昨日は、レース2日前ということで軽めに5km程度走る予定だったのですが、いざ走ってみたら足の重いこと、体の重いこと。

 

一昨日の不摂生のせいか?

 

それとも、昨日やらなくてもいいのに、足に重りをつけて仕事をしちゃったせい?なのか、

 

いずれにしても増えた体重は嘘をつかず体と足が重たかったのです。

 

こんなときは軽めの5kmジョグよりも、低速で10kmランのほうがあとで調子が上がるケースが多い旅人。

 

あとで調子が上がる?というのは、走っている後半に上がるケースと、10km走っておくことで1〜2日後に調子が上がるケースとの2つ。

 

ちなみに昨日は、走っている後半も調子は上がらず。足はずっと重たいまま。

 

太ももパンパン。膝もやや痛い。

 

 

ペースは、6:30/km。

 

ここ最近のジョグペースが5:20/kmですから相当重症。

 

診断の結果は、

 

単に、

 

疲労

 

もちろん、自己診断ですが。

 

レースに向けてピークを越してしまうか、逆に練習や刺激が足りずその手前か?

 

相変わらずうまく本番に持ってゆけない旅人なのです。

 

でも、明日はきっと回復しているよね?

 

と、甘い考えも持っていますが。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

【番外編】自衛隊音楽まつり

  • 2017.11.17 Friday
  • 12:13

旅人です。

 

休日のメインはこちらでした。

 

日本武道館で開かれた自衛隊音楽まつり。

 

旅人は初の観覧です。

 

 

到着したのは13時30分ごろ。

 

自由席だったため、すでに1階席は満席。2階席で座席を探しました。

 

1人だったので運よく座ることができました。

 

 

定刻通りに開始。

 

 

陸上自衛隊音楽隊をはじめ、歌姫「三宅由佳莉」さんの所属する海上自衛隊東京音楽隊や他の音楽隊も参列していました。

 

大半が音楽隊による「曲」の演奏でしたが、太鼓や歌もあり、先ほど挙げた三宅さんの生歌が聴けて旅人はもう大興奮だったのです。

 

質の高い音楽を聴け堪能。

 

また、知らない曲ではなく、ほとんどが馴染みのある曲ばかりで参加できた一般客もみな盛り上がっていました。

 

会場でこのようなグッズも買いましたよ。

 

クリアファイル。

 

 

 

 

佐久間のドロップ。

 

 

 

三宅由佳莉さんの写真がプリントされたチロルチョコも買うところでしたが、9個で900円?チョコを食べないでコレクトしようかな?とも考えましたが今回は断念しました。三宅さんの写真がプリントされたお酒だったら買っていたかもしれません(笑)

 

 

自衛隊ではさまざまな催しをやっているので興味がある方はホームページにアクセスして応募してみると良いと思います。

 

次回は、「富士総合火力演習」なども見てみたいですね。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

【番外編】東京さんぽ(上野〜九段下)

  • 2017.11.17 Friday
  • 09:27

旅人です。

 

茨城県民にとっての聖地、上野。

 

東京芸術大学での美術鑑賞の後、向かう先は日本武道館のある九段下。

 

14時までに到着する予定だったのでだいぶ時間がありました。

 

上野から歩いて九段下まで行こう!

 

と決め、まずは、アメ横散策。

 

たまに買い物もするけど、何も買わなくても楽しいアメ横。ここのアーケードをゆっくり楽しみながらくぐり抜け御徒町へ。

 

御徒町から中央通りへ出てまずは「どら焼き」が美味しいとの「うさぎや」さんへ立ち寄り。

 

 

こちらで「どら焼き」2個を買ってすぐに徒歩へ。

 

しばらく歩かないうちに、今度は、「神田達磨」さんのお店が。

 

ここもあったんですね。迷わず、「たい焼き」を1個購入。片手に持ちながら食べ歩き。外の皮が薄くてパリッとしていてとても美味しいたい焼きでした。

 

 

秋葉原方面まで歩き、途中右折してお茶の水方面へ。

 

お茶の水から明治大学前を通り、いつも行くカレー店「エチオピア」の横を抜け神保町に向けて歩きます。

 

時間があれば食べたかった同じくカレー店「スマトラカレー」で人気の共栄堂さんの前を通り一路九段下へ?

 

とは行かず、古書街が誘惑します。

 

旅人は、古い本や雑誌が大好きなのです。あっちの店をのぞいて歩き、またそっちの店に寄っては古本を手に取りと、なかなか九段下まで進みません。

 

 

結局、中原淳一のイラストが目に留まり、ほかにも何冊か安い雑誌を買ってしまいました。

 

 

 

古書街は楽しい散歩道でした。

 

時計が14時に近づいていますので、またまた歩きます。

 

ようやく九段下の駅が見えてきました。

 

九段下は、空手の大会でも柔道の大会でも「観戦」のほうで数多く来ています。残念ながら「出場」で舞台に立ったときはありませんが。

 

上野から九段下まで約5km。

 

走ってみえる景色とブラブラと歩いて見える景色はまた違ってとても楽しいものです。

 

しかも食べ歩きが加わるとさらに時間を忘れてしまいます。

 

エチオピアHP

http://www.ethiopia-curry.com/

 

共栄堂HP

http://www.kyoueidoo.com/

 

神田達磨HP

https://taiyaki.root-s.com/

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

マラソン結果

フル:3時間55分ネット (2017水戸黄門漫遊)

ハーフ:1時間48分ネット (2017日立さくらロードレース)

10km:58分23秒 (2016水戸マラソン)

スポンサードリンク

マラソン関連本

MYシューズ






ブログランキング

よろしかったら投票お願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM