愛宕山〜難台山トレイル(3回目)

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 08:36

旅人です。

 

昨日は午前中の仕事を2件こなした後、午後から愛宕山ラン3回目に行ってきました。

 

次回、かさまトレイルの試走です。

 

 

 

前回の反省通り、シューズをマラソン練習用に変え、糖分摂取を控えてスタート。気温が30度を超えた一昨日ほどではありませんでしたが、念のため、ボトルは1L(kentaiの塩サプリを割った水)は持ちました。

 

それと旅人は使ったことがありませんでしたが、芍薬甘草湯をスタート前と途中で服用しました。

 

前半はとにかく飛ばさず山頂の難台山へ。

 

重量を少し軽くしたことと、シューズを変えたことで気持ちよく走れました。前回は54分ほどかかりましたが、50分後半で到着。

 

ペースを落としたものの、その分、呼吸の苦しい部分が減り、走るところと歩くところのメリハリがつき時間の短縮ができた上に疲労度が少なくなりました。

 

ここまでの水分補給は、500mlの2本のボトルのそれぞれの1/5から2/5程度。

 

前回、下りで転びそうになったので、スピードを出せるところと落とすところを意識しました。

 

台風の後でそれでも傾斜があるところはズルズルと滑ってしまいました。恐らく、トレイルシューズでも同じだったと思います。

 

下山でやや足の疲れはあったものの、山を出るとロードです。

 

気持ちよく下れるほど慣れていませんので、やはりブレーキをかけつつ。これが脚に大きな負担ですが仕方がありません。

 

途中、やぶの中でガサガサと大きな音がしたので覗いてみると、イノシシの子供!写真にはうまく映りませんでしたが、体当たりされたらひとたまりもありませんので静かに立ち去りました。

 

 

このロードを走り、関門を通過できれば、上り坂。

 

計測したら、旅人の足で約1時間の走行がロードです。やっぱり、マラソンシューズに変えて正解でした。履きなれたシューズなので楽とはいえないまでも、勝手がわかるので力の抜き方も良かったと思います。

 

さて、ここから上り坂。

 

 

前回も、前々回も途中で歩いてしまいましたが、今回はゆっくりですが全て走る切ることができました。

 

そして、ここから再び山に入りゴールを目指します。ここでアミノバイタルゼリーを補給。

 

 

 

上りは急すぎて旅人の走力では走れませんでしたが、走るところと歩くところを分けて、最終的には、約17km(前回は、コース間違いで18km。3時間15分)を2時間37分でゴール

 

実際のスタート地点は正確にはどこか?分かりませんので本番でのタイムは異なるかもしれませんが、3か所あるポイントの通過予測時間も把握できましたので、昨日の試走タイムがおおよその目安として利用できます。

 

 

何度上ってもへとへとになる上り坂。

 

でも、トップ選手はここを歩かずに走るというのだから驚き!ペースが違い過ぎるので先頭集団を見る機会はないでしょうが、自分よりも少しでも早い方が駆け上がる姿は目に焼き付けて、いつか旅人も!!そんな思いの46歳です。

 

帰宅後、プロティン半量を飲んでアミノ酸補給。

 

本日の行程終了です。

 

あとは、フルマラソンの練習に変更してゆきたいと思います。

 

P.S.

飲料水は使い切らずに済みました。安全のために、途中自販機に寄ってポカリを1本背中に入れたのですが、持参した1Lで足りました。本番では、気温との関係もありますが、目安としては半分の量に減らして給水所を活用したいと思います。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

愛宕山〜難台山トレイル(2回目)

  • 2017.09.11 Monday
  • 08:18

旅人です。

 

昨日(9/10)は、先週の日曜に続いて愛宕山(茨城県笠間市)に行ってきました。

 

 

先週は道を間違えて15km。

 

エントリーは17kmの部。先週は2kmほどショートカットしてしまっていたようです。で、昨日は、どこをどう走ったか?ほぼコースルート通りだとは思うのですが、18km。逆に1km余計に回っていました。

 

昨日、出発前の室内の気温が31度。屋外に置いた温度計は37度

 

熱中症対策と筋肉疲労対策として、

 

(先週)

1Lの自家製スポドリ

(500ml×2本)

アミノバイタルスティック1本

 

(昨日)

1Lの自家製スポドリ

(500ml×2本)

アミノバイタルゼリー1本

  +

リザーバー(水)1L

 

そうなんです。水を1L積んでハイドレーションとやらを初めて使ってみました。

 

結論から言いますと、旅人にはやはり重量物が大変でして、計2kgの山ランはとても堪えました。

 

出だしは好調だったんです。先週は歩いてしまった上り坂も、ゆっくりではあるものの結構走ってゆけました。しかし、それもつかの間。難台山(行程5km)までの半分から上り坂は全く走ることができず、タイムも54分と前回よりも遅れてしまいました。

 

へとへとになり、息も上がってようやく頂上。

 

 

すぐさまコースの下山ルートへ入ります。

 

先週の倒木などは横にはじかれていました。前回ルートを間違えたと思われる個所を今度は「左折」。上り下りの山道を進むと、アスファルトの道路に出ました。しかし、ここからのロードがまた長い?(感覚的にかもしれませんが)

 

そして、このロードで余計に1km走ってしまったと思うのですが、履きなれない底の固いトレイルシューズでのロードは本当にきつかったです。

 

また、のどが渇きすぎて途中見つけた自販機で2本(水とポカリ)購入。

 

飲み切っていないところへの補充でしたから、またまた重量加算

 

そして、前回の上り坂へ。計測したらこの坂は、約2.5kmしかありませんでした。半分以上は走ることができましたが、上り切る手前で力尽きました。

 

上り切ると再び山に戻りトレイルコースとなるのですが、ゴールまでの残り3kmは、ほぼほぼ歩き。

 

走った距離だと前回と同様、15kmまで。

 

タイムは、3時間15分もかかりました。

 

本レースのHP上から記録と自己タイムを照合すると、最後の集団に入れるかどうかです。ちなみに、トップは1時間30分を切っていますので、倍のスピード。

 

前回の出走者は約170名(最大枠は250名)と小規模ながら、凄い人ばかりが出ているんですね。

 

170名中、完走者が156名。うち、2時間台までの選手が141名。3時間オーバーはわずか15名だけです。

 

最後に、次回のために昨日の反省点。

 

1.自家製スポーツドリンクの塩分、砂糖の調整

(甘すぎ、塩分多すぎ、逆にのどが渇いた)

 

2本番での重量調整

(必要最低限の飲料水は別として、エイドも3か所あることを考慮)

 

3.糖分を摂り過ぎない

(昨日は、スタート前に甘いものを摂ってしまい恐らく急激な血糖値下降もあったはず。)

 

4.シューズの再考

(履きなれないトレランシューズはゴツゴツした山道には最適だが、ロードは旅人の脚では無理っぽい。次回、練習に行けるならマラソンシューズで試してみる。)

 

5.下山コースでのスピードに注意

(昨日は、下りでスピードを出し過ぎた箇所があり、砕石に足をとられて危うく転倒するところだった。また、山の下りでは一度滑って転倒してしまった。上りもそうだが、下りは特に、どこが自分の走力・脚力で走れて、どこが走れないのか?スピードを抑えるのか?せっかく試走に来ているのでコースを頭に入れておくべき)

 

6.アミノ酸の補給

(走行中は1本。練習後もアミノ酸の補給で筋肉疲労を軽減させる。)

 

7.股ずれ防止

(スレナインを塗ったが股ずれがひどかったので、ワセリンに変える)

 

きょうは、先週ほどの筋肉痛はまだありませんが、明日ぐらいから出てくるのかもしれません。

 

とにかく下りでスピードを抑えすぎて(出し過ぎたところもあり)、足の筋肉を無駄に使い過ぎたと思います。ただ、初めからうまくなんて走れないので、頭を使って考えながらもこの無駄な動きを繰り返す中で、効率的な走りへと近づいていくのだと思います。

 

頑張る練習あるのみ!

 

P.S.

今晩は、プチ断食の日です。

アルコール抜き、炭酸水とサラダ1皿のみ。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

愛宕山〜難台山トレイル(1回目)

  • 2017.09.03 Sunday
  • 18:15

旅人です。

 

きょうは、午後から時間があったので笠間市にある愛宕山に行って走ってきました。

 

10/9(日)にトレイルレース(14km)があるので試走を兼ねての練習です。

 

水戸から愛宕山のふもとまで約25km。日光100Kの前は、この25kmロードを走ってゆきましたが、今回は車です。ふもとから約2kmの坂の上が愛宕山駐車場なんですが、この坂も結構きついんです。たぶん、いろは坂よりキツイです。

 

駐車場で着替え、おNEW(買ったのは1年以上前)のトレイルシューズに履き替え。

 

サロモンです。見た目で衝動買いしたまま眠っていたものです。もちろん、セール品です。

 

 

 

駐車場からは眼下に町が見えます。遠くには涸沼も。

 

 

ちょうど13時にスタート。山の入り口には、かさまトレイルの案内看板も出ていました。

 

 

スタート直後から正直きついです。

 

息がアップアップです。

 

 

しかし、坂の写真って、なぜにこの大変さが伝わらないんでしょうかね。

 

 

下のこっちの写真は大変さが伝わるでしょうか?

 

 

イノシシに注意です。猪突猛進なら旅人も負けていませんが。

 

スタートから約50分で難台山の頂上に到着。約5kmの道のり。

 

 

上り坂は結構歩きました。平坦なところと下りだけは走りましたが、ここの山の登りはきついです。

 

頂上でトレイルやっている方と思しき方を見つけたので、今度のレースの道を尋ねたら、そこから話が弾み約30分も会話してしまいました。愛宕山は何度も走っているとのこと。お互い名前交換だけしましたので、次回お会いしたらお声を掛けたいと思います。思わぬところで知り合いができました。

 

さて、言われた通り、今度のレース(14kmの部)コースを下ります。

 

写真では分かりにくいですが、巨木が倒れて道をふさいでいます。

 

 

地図は持っていましたが、その地図がアバウトすぎて分かりません。しかも、まだコース整備前のようで、やぶです。

 

ここ通ってほんとに大丈夫?

 

やがて、分岐点。

 

まったく分かりません。進むとこんな道。

 

 

 

難台山までは何人ものランナーや登山者に会いましたが、この獣道のようなところではだれにも会いません。

 

 

やがて道は開けたのですが、倒木がいくつもありました。

 

 

ミニ滝もいくつもあり癒されましたが、5kmも下っているなかで、分岐がいくつかあり、その都度間違えていたようです。

 

やがて、間違えたなりに戻る看板を見つけたのですが、ふもとまで降りたので、ここからまた登りです。

 

坂は大好きなのですが、今登ったばかりの山を下り、今度はまた登るわけですから結構大変です。

 

やっと上まで行き、コースに戻ることができました。

 

ここからは来た道と同じです。行きには上らなかった見晴台に上がりました。

 

 

名前の通り、町全体が見渡せるのですが、同時に、帰るべき山(愛宕山)も見えます。

 

 

今からあの山にある駐車場まで戻るのかと思うと結構大変です。

 

そして、トータル15km走って本日のトレーニング終了。

 

昨日の疲労があった割には走れました。

 

P.S.

次回も行ければ、右折したコースを左折してコースを覚えたいと思います。係員の方に聞いたらレース直前じゃないと草刈りをしないと言っていました。また、例年コースを間違える選手がいるとのこと。大丈夫でしょうか?

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 水戸情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 

【筑波山】2014年11月13日

  • 2014.11.15 Saturday
  • 17:30
こんにちは。
旅人です。

またまた地元、筑波山に登ってきました。

平日の朝9:30。

いつもならば、ガラガラの筑波山も、たまたま?県民の日だったらしく、普段よりもにぎわっていました。

もっとも土日ならば登山や観光目当ての来客は多いはず。

私が知らないだけですね。

さてさて、主な登山口は、2か所ですが、今回は筑波山神社口を利用。

筑波山 写真

鳥居前の新しく出来たおにぎりやさんで「塩むすび」を1個買い、いざ出発。

神社でお参りも恒例。

あえて、紅葉のシーズンの少し前に来てみました。(理由は混雑するから)

ということで、色づきはまだ少し早いですね。

筑波山 紅葉


ザックが今日も重たく、ゆっくりゆっくり登ってゆきます。

御幸が原に到着したのは、約1時間20分後。

あれよあれよという間に、ケーブルカーで乗客が降りてくるので、いち早く(といっても木製のベンチは空きなし)、シートを敷いて陣地獲得。

そして、まずはいつもの冷やし甘酒を1杯。

そのあと、湯を沸かして、カップヌードルと下で買った「塩むすび」をほうばる。

あれ?

塩むすびの味が?

茨城県は米どころであるんですが、こうして「おにぎり」になるとレベルの差は販売先でまちまち。

味がコンビニレベル。。。残念!

店員さんも無愛想というか、恐そうな顔してたしなぁ。。。

次回は、ココストアで手作りおにぎりがベストですね。

そうそう、私がよく買う城里町にあるAコープ(最近、全日食チェーンに変わったみたいだけど)のおにぎりはとても美味しい。お隣り、七会のお米が日本一に輝いたこともあるようですが、旧かつら村も大変お米が美味しい。もっとも、おにぎりを握る技術もうまいから米がたつ。余談でした。

満腹になったところで、下山。

今回は、帰りに立ち寄りたいところがあったので、ケーブルカーで下まで降りました。楽ちん。

黄色に色づいたイチョウは見ごろでしたね。



筑波山



この翌日には、NHKお天気キャスターの井田さんも来られていたようですね。

会いたかったなぁ(笑)


 

【茨城県】筑波山に行ってきました

  • 2014.10.10 Friday
  • 12:31
こんにちは。
旅人です。

地元茨城の「筑波山」に行ってきました。

百名山で最も低い筑波山ですが、それなりにキツイです。
富士山を登る方がトレーニングのために利用する山だったりもします。

今まで無料で停められた、市営第一駐車場が今年から有料になったようですね。

きれいに整備されていましたが、筑波山からもっとも遠い駐車場(神社下までで約1kmちょっと)ですので個人ではちょっと敬遠してしまうかも。(有料駐車場で徴収された費用はトイレの整備など有効利用されていることも付記しておきます)

ただ、私は、市営第四の先、市営第一の手前、個人の方の駐車場?でしょうか、200円/1日のところに停めました。封筒に、自分の車のナンバーとお金を入れて、料金を入れるポストへ。帰りは、その駐車場にみかんを売っているおばさんがいたので、この方の土地でしょうか?

もっとも近い駐車場ならば、赤い鳥居をくぐって神社の方へ行くと、筑波山神社?の駐車場が500円で停められるようです。紅葉の季節をの除き、平日ならば満車はないでしょう。

登山コースはいろいろありますが、

私は、御幸ケ原コースを選択。筑波山神社でお賽銭とお祈りをしていざ山道へ。

ザックが重かった(約15kg?)のでゆっくりゆっくり登りました。

でも、息は上がりっぱなし。。。

何を入れているんだろう、本当に重い。。。
普段山に行く荷物に加えて、先日、新たにロープやら細かいものを入れ、さらに、今回は、頂上でカップヌードルでも食べようとバーナーと水も積み、

それほど重たくなる予定はなかったものの、

やっぱり重い。

2泊とか3泊で山登っている人とかどんだけ体力あるんだろうと思っちゃいますね。

昨年から、ジョギングでひざを痛めたために、Wストックを利用していますが、これが本当にありがたい。

スキーではへたくそでうまく使えないストックも、山では何とか慣れました。

もうこれが無いとのぼりはおろか、特に下りに至っては恐らく膝が痛すぎで下りられない。

私には必須のアイテムとなりました。

登りは、約2.3km。時間は、1時間12分で、ケーブルカーのある御幸ケ原へ到着。

男体山、女体山には行かず、こちらで持参したおにぎりと、バーナーで湯を沸かしてカップラーメン。




先日の死ぬほど寒かった那須三本槍岳と違って、

暑かった。

汗だくで登り、またアツアツのカップめんですが、見晴らしもよく美味しかったですね。

個人的に恒例の「冷やし甘酒(300円)」も買いご満悦。
この冷やし甘酒が好きなんですよ。

そして、

腹いっぱい食べたら、早速、Wストックで下山。

下りは、約50分でした。

紅葉の時期は混みますが、もう1回は年内に行きたいですね。

今度は、ザックを軽くして。。。












 

蔵王山は大丈夫!?

  • 2014.10.04 Saturday
  • 08:41
こんにちは。
旅人です。

もうご存知の方も多いと思いますが、


山形県と宮城県の県境にある蔵王山(ざおうさん)でも、御嶽山が噴火する前と同じ様な活発な火山性地震を観測していることが判明したようですね。

蔵王山で火山性地震が増えたのは2010年9月からで、8月7日には僅か1日で観測史上最多の44回も火山性地震を捉えているとのこと。宮城県は火山性地震の増加報告を受け、蔵王山(蔵王連峰)で登山客や観光客に注意を呼び掛け、避難小屋3カ所を緊急点検したそうです。

いずれにしても、3.11東日本大震災以降、日本列島の活火山が活発になっている可能性が高いわけで、活火山に登る際には、自分の装備、持ち物を再点検する必要がありそうですね。

加えて、もし噴火が起きたら、どこに避難するべきか?

事前に調べておくことも大事かと思います。

気象庁の「週間火山概況
という報告にも蔵王山の状況が出ていました。

ホーム > 各種データ・資料 > 各火山の活動状況 > 週間火山概況 と入って行った先に、ある
> 週間火山概況 平成26年 No.40 

あと、昨日テレビで、日本山岳ガイド協会が提供している「コンパス」というサイトを紹介していましたので、下記にURLリンクを。

http://www.mt-compass.com/index.php

このようなコンセプトを持って展開されているようです。
・登山計画を届けるから共有するへ
・みんなで作るフィールドマップ













 

三本槍岳

  • 2014.10.03 Friday
  • 08:32
こんにちは。
旅人です。

先日、三本槍岳に行ってきました。
栃木県と福島県の境にある那須連山の一つです。

例年だと、那須岳(茶臼岳)の紅葉の時期に合わせて足を運ぶのですが、那須岳は噴煙を上げている山。事前情報で噴火などの兆候は見られないということでしたが、念のため、少し離れた三本槍岳に変更しました。

今回、粉じんマスクとゴーグルを持参。ヘルメットは持ってゆきませんでしたが、持参している方も見受けました。これから活火山の山に登る時は必携ですね。行政の情報だけでなく、自分でどう対処するのか?何を持参すべきか再点検です。

さて、山に話は戻ります。

この時期、マウントジーンズのゴンドラが動いているようで、ガラガラの駐車場に車を停め、ゴンドラで約1,400mへ。登山者もほとんどいない山道をゆっくり上ってゆきました。

スキーではまだ来たことがないんですが、マウントジーンズも春や秋のシーズンに運転しているんですね。

ガスがかかってほとんど何も見えない山道をてくてく歩き、わずかなガスの切れ間に写真を撮ったり。









ようやく、三本槍岳の山頂へ。2時間30分ほどかかりました。



眼下には?

何も見えませんでした。

風が強く寒くていられず、山頂で羊羹をたべて下山。

やっぱり、ガスがかかっていました。

遠くに見えたのは、赤面山でしょうか。




晴れていたら、きっときれいだなぁ〜と思いました。

混雑する那須岳にばかり目が行っていましたが、マウントジーンズコースでは、三本槍岳を目指さずとも、山頂駅でハイキングもできますので、こちらのコースも良いなと思いました。

ほぼ同じコースの案内が、那須町観光商工課の「なすキュン日記」で見られます。
これ見るとまた行きたくなります。


http://nasukyun.blogspot.jp/


















 

御嶽山噴火

  • 2014.09.28 Sunday
  • 08:53
こんにちは。
旅人です。

御嶽山噴火。

昨日はこのニュース一色でしたね。

亡くなられた方もいるとのこと。ご冥福をお祈りいたします。
というのも、私旅人も、たまに登山ならぬハイキングに行くことがあります。

御嶽山ではありませんが、隣の県の那須岳(栃木県)。

こちらも噴煙が立ち上る活火山なんです。火山

昨日のNEWSまでよく全く知りませんでしたが、噴火警戒レベルなるものがあって、御嶽山もこれまでは「レベル1」だったようですね。直前には地震が80回?ぐらい起きていたものの、地震と噴火を結びつける科学的な根拠がなかったとのこと。

素人的に、「レベル1」でも急に噴火することがあるとなると、私がたまに行く那須岳(栃木県)も同じ「レベル1」なので他人事ではありません。

ということで、今回の登山などでけが人、不幸にも亡くなられた方、またそのご家族のお気持ちを察してしまいます。

登山をやれる方でさえ、こうした噴火情報に誰しもが注意しているわけではないですよね、きっと。

私も、次回、活火山に登る時は、マスクやゴーグル、ほか、事前に「地震」などの兆候があるか見てから足を運びたいと思います。

以下、気象庁のページ。
現在の噴火警戒レベルと火山別に設定された噴火警戒レベルだそうです。
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/keikailevel.html

■防塵マスク(火山灰対策)

■ゴーグル(火山灰対策)


 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

スポンサードリンク

無敵の1日1食

MYシューズ






ウルトラマラソン関連本

ブログランキング

よろしかったら投票お願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM