日光ウルトラ振り返り(前編)

  • 2018.06.18 Monday
  • 15:30

旅人です。

 

結果(75kmでリタイア)はすでにTwitterでお知らせ済みですので、レース内容を簡単に振り返ります。

 

(大阪方面の皆様、ご無事でしょうか?こんなタイミングでブログを更新していてスミマセン)

 

なお、これからウルトラに初めて出られる方、日光100kmに出場される方には、DNFの私のブログより完走された方の情報を見ることをお勧めします。

 

単純に考えても完走者の情報のほうが有益だと思うからです。

 

では、なぜ書くの?

 

と思われるかもしれませんが、そもそも自分の練習やレースを振り返るために書いていますので、自身にとっては必要なものだからです。

 

と、固い前置きをしつつ、

 

まず、レース前日ですが、既報通り日光入り。ホテルに荷物を預け、徒歩で受付会場へ。

 

その後は、お先に日光観光

 

あとで、徒歩の距離も確認しましたが、自宅を出てからの歩行距離も含め6km未満と特にレースに影響がなく収まりました。

 

夜は、18:30にホテルの夕食後、深夜1時の起床まで結局一睡もできませんでしたが、これも昨年と同様、予想通り。レース週は連日十分な睡眠で備えていましたので、前日の不眠がDNFの最大の理由ではないと思われます。

 

ホテルからツアーのシャトルバスで現地入りしたのは午前3時。

 

4時までの約1時間、無駄なエネルギーを使わないよう座っていました。

 

整列前になってから、レッドブルとショッツで最初からカフェイン注入


 

朝の4:30、キロ6分30を意識して雨天の中スタート。

 

事前に雨天も想定し、Tシャツを重ね着し、レースでは初めて使用のアームカバーのおかげで折からの寒さも防げました。

 

準備しておいたビニール袋をカッパ代わりにし、手袋もしていました。

 

序盤、スタート地点のスケートセンターこそ下りですが、最初のエイドから中禅寺湖までずっと上りです。距離にして約20kmちょっとでしょうか。(ハーフマラソンの距離を上れないとそもそも日光100Kは成立しませんね)

 

走力に劣る旅人にとって、最初の関門までにペースが遅すぎても早すぎてもダメと言い聞かせ、設定ペースを意識して走りましたが、やや遅れました。(第一関門まで、キロ6’57)

 

いろは坂の入り口、馬返し地点が第一関門。

 

序盤のミスは、事前に用意した給水ボトルに先に粉末を入れ、水を後入れしていたため、全く溶けていなかったこと。

 

初歩的なミスで13km走ってから気付きました。

 

さぞ給水の吸収が悪かったことでしょう。

 

それでも昨年はうまく上り切れなかったいろは坂を給水時以外、ほぼ歩くことなく走ることができ、まずはクリアです。

 

中禅寺湖に着くと昨年は対岸に素晴らしい景色を見せた日光男体山がガスで見えません。

 

今回、写真を撮るより完走に執着しようと臨んだ大会でしたので雲に隠れていてホッとしたのが正直なところ。

 

下の写真は、昨年のもの。

 

 

 

男体山ふもとの中宮祠を折り返し、第二関門も予定より少し遅れたもののクリア

 

今度は第一いろは坂。下りコースです。

 

昨年は膝が痛くて何度も下りで歩いたり立ち止まってしまいましたが、今年はゆっくりながらも無事に降ることができました。

 

26km地点(第二関門)から東武バス駐車場(約43km)まで、途中、東照宮あたりの上りを除いてまずは16kmちょっと下りが続きます。(もちろんそこから先も下りです)

 

この辺りで最初の疲れが出てしまいました。持参した消炎スプレーを使いながら坂を下ってゆきました。

 

(前編終わり)

 

続きは、後編で。

 

 

P.S.

スタート前に撮ってもらいました。

本来はゴール後、完走者が立つ位置ですね。。。

 

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

かすみがうらマラソン結果。

  • 2018.04.15 Sunday
  • 16:07

旅人です。

 

とりあえずレースが終わったので結果です。

 

タイムは、4時間31分。

 

サブ4どころか4.5もできませんでした。序盤から足つりがひどく、30km前からマラソンではなく歩く会になってしまいました。

 

コンディショニングもマラソンの一つですので、今日の状態だとレースに出る資格さえない酷いものでした。

 

前日は、昼間のコーヒーと夜のアルコールは抜きましたが、夜中にトイレに4回ほど起きる始末。

 

今朝もレース直前まで尿意が続いてしまいました。何度トイレに行ったか分からないぐらい。

 

もう水分不足は明らか。

 

ちなみに、後でよく振り返りたいと思いますが、もっと前からアルコール抜いても当日のトイレが頻繁だったことがあります。

 

で、いつも通りに過ごすとこれが何でもなくベストが出る。

 

今回はいつも通りに過ごさず、飲まなかったのがいけないのか?

 

それとたいてい、前日の昼間に走って一汗かくのですが、今回は仕事のためほぼ走らず本番。

 

しかも今週は3回もランオフ日があったのに、レース序盤から足が重過ぎでした。

 

私はポイント練習をあまりやらないので練習量を落としたレースは結果が出ないようです。

 

走り込むほどの距離ではないので、いつも通りジョグで本番まで来ちゃった方が意外と走れるみたいです。

 

つまり今週は休みすぎ?

 

ちなみに、昨年の日光ウルト前日もアルコール飲みませんでしたが、当日はトイレばかりでした。

 

強い練習をしていないから調整は不要!が持論ですが、何気に調整もどきのようなことをやると決まってダメ。

 

レースペースがどうのこうのと言う前に、アルコールとコーヒーを抜くとトイレが頻繁になる?という原因を解決しないと何度走っても同じことが起これば足つりが起きてしまいますね。

 

今日のレースでは3回トイレに行きましたが、後半足がつり出してからは汗がほとんど出ず頭が痛く寒気がしてました。

 

芍薬も3回服用しましたが効果ナシ。

 

ゆっくり休んで一から頭も足も鍛え直したいと思います。

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

【結果】大子町ハーフマラソン

  • 2018.03.12 Monday
  • 08:48

旅人です。

 

昨日、茨城県大子町で行われたハーフマラソンの結果です。

 

1時間41分14秒でした。

 

昨年(2017年)が1時間49分50秒でしたので更新できました。

 

水戸よりも北に位置する大子町。朝6時の予想気温がマイナス2度。到着時は8時でしたので気温はだいぶ上がってきたものの水戸よりも2度ぐらい低かったと思います。

 

 

 

ハーフ以外にも種目はありましたが、合計?2000人ぐらいの規模の大会です。

 

コースは、スタート直後に約1kmの下り坂(帰りは上り)、平坦ロードが続き、折り返しがまた1kmぐらいの上り坂(折り返し後は下り)のルートです。

 

さて、旅人の設定ペースですが、4:50/kmで行くと書きました。

 

しかし、そもそもタイムを計れたのは、最初の1kmと5km?ぐらい。距離表示がほとんどなかったため、感覚で走ることになりました。ペースが早すぎても失速は免れず、ペースが遅ければ足は温存できるものの後半ペースを上げても設定から算出する目標タイムには届きません。

 

しかし、タイムもペースも分からないので980円の腕時計を見てもどうにもなりません。

 

また、前半からハーフの折り返しまで足が重たく感覚としては、キロ5分ぐらいかな?と。重たいままペースを上げるとバテる気がしたので、昨年同様、折り返しから飛ばそうと思いました。なぜか?下り坂をハイペースで下るとエンジンがかかります。

 

そうそう、今回は、スタート直後にもトイレに行きたくなってしまい列に並んだものの時間が間に合わず断念。結局、レースが始まって最初のトイレに駆け込むという始末。これは大いに反省です。

 

さて、話を戻しますが、折り返しの坂までに約3分ぐらい設定より遅れているかな?というのがだいたいの予想。(想定外ですが)

 

で、下りから飛ばしてゆきました。

 

こちらが上り坂に差し掛かる前に、すでにトップのランナーが息を切らしながら私から見れば全力でもかなわないスピードで走っているのを見て、「自分はいったい何のために参加しているのだろう?彼らが息を上げて走っているというのに、力を出しって切るのか?」と遅ればせながらここでカツが入ります。

 

もっとも、先ほども書いたように足が重たくてスピードが上がらないのですが。

 

で、1kmごとのラップを書き出してみました。

※アプリの計測に誤差があるので最後の21kmのタイムが変になっています

 

 

 

坂があるのでイーブンにはなりませんが、やはり、前半はキロ5分前後。

 

後半が挽回して、結果的には設定したペースで収まりました。

 

今回の課題は、

 

前半抑えた(足が重たかった)から、後半のペースが上げられたのか?どうかです。

 

後半の一番良いところをとってみると、12kmから19kmの平均は4:28/km。1月の勝田10K(4:33/km)よりも早いんです。

 

最後の1kmの上り坂も結構なペースで登りきれたので、後半のペース(4:28/km)でもう少し距離が走れたと思います。結果的に、精一杯やったけれど、出しきれていない。レース運びが甘い。

 

練習ではないので、前半のペースをもう少し上げても足は持ったかもしれません。

 

時計のタイムが分からなくても、自分がキロ5分で走っているのか?4:50なのか?4:40なのか?を把握できるように日ごろから注意して走る努力が足りないなと感じました。

 

また、レースで走り切れたかどうか?を想像するよりも、練習で行なうペース走で、「走れる」のか「走れないのか」を把握していれば、想像する必要もないわけでして。このあたりも次回の課題ですね。

 

※アプリの距離に誤差がありますが、昨年は21kmを超えていたので、GPSの問題なのでしょうか?

 

正式なタイムはこちらです。

 

 

レース後は、Twitter仲間のOさんと記念撮影。(左が旅人)

 

 

旅人はレース後、せっかくの日曜日なので、帰り常陸太田市の金砂郷(かなさごう)に寄って約14kmランをやってから帰りました。金砂郷は、毎年11月に出場する登山マラソンのコースでもあります。

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

2017年、出場した大会結果(まとめ)

  • 2018.02.03 Saturday
  • 10:17

旅人です。

 

昨年12月、そして1月になっても書くのを忘れてました。

 

今頃、2017年のまとめです。

 

<2017年に出場したレースと結果>

 

1.水戸市元旦マラソン(千波湖3kmレース)

 鳥インフルエンザのため中止

 経験が浅い割には頑張って走りました。

 

2.第65回勝田全国マラソン(フル)

 結果:04:43:46(グロス)

 25km過ぎから熱中症。厚着と水分補給の完全な間違い。

 後半は足がつり、歩きが多かったレース。

 

3.第50回奥久慈湯の里大子マラソン(ハーフ)

 結果:01:49:50

 

 

4.第17回日立さくらロードレース(ハーフ)

 結果:01:49:49

 一昨年は風邪で2時間30分オーバー。今回こそ!と臨んださくらは雨。

 はじめてソーティを履いて走ったレース。前月のハーフから、1秒更新。

 

5.第1回 日光100kmウルトラマラソン

 結果:70kmにてDNF タイムは、10:37:49

 大好きな日光。初めての100kmレースは、レース前に膝を痛める。

 序盤、膝の影響は少なかったものの「いろは坂」の下りで足が終わる。

 結果、鬼怒川を越え、東武ワールドスクエアにたどり着く前にDNF。

 次回こそ!ここが、自身のメインレース。

 

6.第4回かさまトレイル(ショート17km)

 結果:3時間05分50秒

 制限時間4時間30分。自身、初めてのトレイルレース。

 走り慣れたコースだったが風邪と胃腸をこわし体重が激減。

 ドクターストップにも従わず自己責任!と強気に出場したものの

 やはり無理でした。体調が悪いときは止めるべし。

 途中からゴールは記憶が飛んでしまいました。レース後も悪化が続き、

 59kgまで落ちた体重でパフォーマンスも低下。でも、次回こそ!!

 

7第2回水戸黄門漫遊マラソン(フル)

 結果:03:55:12(ネット)

 地元水戸市のレース。今回は、雨天。

 自身、3回目のフルマラソン挑戦でぎりぎりのサブ4。

 最後、好文橋の下りで全力疾走し足が終わる。

 

8.第18回常陸太田市西金砂登山マラソン(14km)

 結果:01:08:26

 自身、5km以上のレースで初めて出場した大会なので、小さな町の

 レースではあるが毎年参戦。高低差のある14kmレース。

 一昨年よりタイムも向上。

 年に数回、トレーニングにも使う力をつけるにも良いコース。

 

 

合わせて、以下、2016年は過去の転載です。

 

<2016年に出場したレースと結果>

 

1.水戸市元旦マラソン(千波湖3kmレース)

 結果:12分56秒(平均ペース4:19/km)

 経験が浅い割には頑張って走りました。

 

2.第五回水戸マラソン大会(水戸市内)10km

 結果:1時間07秒

 ジョギングを再開して半年、前月の1月には月間300km超。

 慢性的な疲労で、まったくスピードは出ませんでした。

 

3.奥久慈の里大子マラソン(ハーフ)

 結果:1時間56分46秒

 はじめてのハーフマラソン出場。半分の10kmまではほぼビリの方を走っていましたが、先頭集団がすでに折り返してきたのをみて、トップ集団がこんなに息が上がっても必死なのに!自分は何やってるんだ!と思い、折り返しから自分なりに飛ばしてゆきました。

 

4.日立さくらロードレース(ハーフ)

 結果:2時間37分

 300kmを超える走行距離の疲れと2週間前に風邪をひいたことで、出場したものの全くダメなレースでした。

 

5.第四回葛飾柴又ウルトラマラソン(60kmの部)

 結果:8時間55分20秒

 目標の初マラソンを、10月の水戸黄門漫遊マラソンとし、その前に、順番は逆なのですが、ウルトラマラソンを走ってしまおう!と考え出場しました。60kmが走れれば、42.195kmは必ず走れる、そんな安心感を持ちたかっただけですが。結果は、年代別でビリ。60kmの部の総合順位で、649/655中でした。制限時間9時間にあと4分でタイムアウトでしたが、ギリギリセーフでした。

 

6.第一回水戸黄門漫遊マラソン(水戸市)初フルマラソン

 結果:4時間42分53秒(グロス)

 自身、初のフルマラソンでした。それが、地元の水戸市で出場でき、とても嬉しかったです。結果はいまいちでしたが、まあ自分の実力ではこんなもんでしょうか。

 

7.第17回常陸太田市 西金砂登山マラソン(14kmの部)

 結果:1時間11分48秒

 昨年に続き出場。前回は、5kmの部でしたが、今回は、14kmの部に出場。上りはややきつかったですが、全体的には気持ちよく走れたレース。また来年も出たいですね。

 

 

 

勝田10km速報(結果)

  • 2018.01.28 Sunday
  • 22:03

 

旅人です。

 

まずは勝田マラソン参加されたランナーさんお疲れ様でした。そして同じ日に各地でレースに参加された皆様お疲れ様でした。

 

旅人の報告が遅れましたが、本日の勝田マラソン10km、目標の50分を切ることができました。

 

詳細はまた明日書きますが、結果は、公式タイムで46分30秒。ネットで45分29秒(参考)でした。

 

目標が50分切り、設定では48分20秒を目安に走り、想定よりも早くゴールできたので良いレースとなりました。

 

普段は反省と敗因ばかりの旅人ですが、今回は勝因として振り返りたいと思います。

 

詳細は明日まとめます。(多分)

 

それと、今日はレース終了後、走って帰りました。真っ直ぐ自宅に帰ろうと思ったのですが時間が早かったので雪というか、時折アラレが降る中、いつもの千波湖経由でMYランコースを走って帰ってきました。25kmランでした。

 

休みの日じゃないとなかなか30kmを越える距離は走れませんから良いトレーニングにもなりました。

 

それでは今日はそろそろお休みします。

 

また明日。

 

p.s.

筋膜リリースと腹筋だけやって寝ます(笑)

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

西金砂郷登山マラソンレース結果。

  • 2017.11.20 Monday
  • 08:16

旅人です。

 

昨日は、茨城県常陸太田市で開かれた「西金砂郷登山マラソン」大会がありました。

 

 

西金砂郷登山マラソン

 

ちょうど昨日から寒くなりましたね。金砂郷も少し山に入ったところにある町ですので寒かったです。

 

さて、肝心の足のほうですが、

 

普段ならレース前日は少し走るのですが、金曜日に足が重たかったため前日の土曜日は全く走らずに本番を迎えました。そのほうが良いだろうという判断です。

 

結果的にはこれで良かったと思います。

 

登山マラソンは登山コースを走るものではなく、上りと下りがある14kmのロードレースです。

 

タイムは、

 

(昨年)

1時間11分48秒

 

(今回)

1時間08分26秒

 

昨年より3分ぐらいですがタイムが縮まりました。

 

根拠ない目標ですが、1時間8分台でしたのでタイム的には合っていました。

 

コース戦略は、

 

平地が、キロ4:50〜5:00。

上りが、スピードを上げずテンポよく。上りの残り1kmからペースを上げる。

下りは全力で。

 

こんなアバウトなプランにしました。

 

下りは昨年の自分と差がほとんどつかないだろう、と。上り切る体力と足だけ残して、平地でいかにタイムを縮められるか?そこだけだろうという判断になりました。

 

かと言って、キロ4分30秒ぐらいで突っ込むと山に登るときに足がなくなり歩いてしまうことも想定。

 

小さな大会のため、出場者も少ないレースです。先頭集団から前半グループのスピードに自分がついてゆける?と勘違いして前半の飛ばし過ぎには注意が必要。中盤以降の選手は分かりませんが、登りを歩く選手は結構多いと思います。

 

そうならないようにするためには、やはり昨年よりも平地でのスピードを上げる。

 

ここだけを課題としました。

 

結果的には、自分の足では前半スピードが上がっていたのですが、登りも持ちこたえられて良かったと思います。

 

 

※iPhoneアプリでの計測のため、実際の記録(タイム)と測定には誤差があります。

 

スタート時、4:30/kmで突っ込まないようにと思いながら、まさにそのペースからスタートしてました。

 

4kmぐらいまでずっと平坦だと思ったのですが、少し登りだったこと。また自分のペースが心配でその後落としたのかもしれません。

 

5kmぐらいから、傾斜があるなと感じる上りコースが始まってゆきます。

 

実は、昨日は寒かったのですが、スタート前、室内にいたため暑く感じ、アンダー類を脱いでわざわざ半袖短パンに着替えなおしたんです。外も日差しが出てくるだろうと。スタートは10時でしたから。

 

しかし、外は結構風が吹いていまして、アップしている間に足が攣り出してしまいました。

 

タイミングが悪いのですが、いったん預けた手荷物を返してもらい(小さな大会なので容易にできる)、バッグに入れてきたサロンパススプレーを足にかけて戻しました。

 

再び着替える時間まではなかったので、半袖短パンのままです。

 

スタートしてからも足がぴくぴくしていましたから、どうか攣りませんようにと祈りながら登りに突入しました。

 

登りはテンポよく。

 

歩かないのはもちろんですが、飛ばしてもスピードはたかだか知れていますし、無理に足を使えば残りの登りで足攣りやペースダウンも考えられます。

 

自分より早い選手と競ってもどうにもなりませんので、昨年の自分と比較して、今年はどう戦うのか?

 

体重が軽くなったことだけとっても、テンポよく上れば最低でも昨年よりはわずかに早いはず。そんな思いで焦りを抑えました。

 

あと1kmで上りも終わり(頂上)というところからスピードを上げました。

 

下りはできるだけ全力で。

 

シューズは、ミズノのウェーブシャドウ。

 

ウェーブライダーよりも軽くてクッションがあるため、下りの約5km程度なら多少粗い走りをしても平気です。

 

昨年は、登りからほとんど抜かれることはなかったのですが、今年は登りもそこそこ、下りは結構抜かれましたね。前回よりも少しだけ早い集団に位置できたので、走力が旅人よりも上ということなのでしょう。

 

最後、勾配がゆるくなったゴール手前でも2人に抜かれ到着。

 

反省は多々ありますが、余力は残さずに走れたと思います。

 

 

P.S.

ひとまず、レース結果と展開だけ書きましたが、

正直、昨年の自分よりも走力は大して伸びていないのではないか?というのが反省です。

前回の水戸Fでもそうですが、タイムは確かに伸びましたが、それは、いま持っている脚においてのコース戦略だけで縮めた気がしてなりません。

 

昨年はコースをどう走るか?自分がキロ何分何秒のペースで走れるか?なんて分かっていませんでしたから。

 

走力アップしているか?という観点からは、横ばいかもしかしたら落ちているのではないか?というのが大きな反省です。また改めて書きます。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

ぎりぎり初サブ4

  • 2017.10.29 Sunday
  • 16:48

旅人です。

 

雨の中、地元で開催された水戸黄門漫遊マラソン走ってきました。

 

詳細はまた明日書きます。

 

ひとまず、初サブ4ができました。

 

スタート〜5km

混雑が続きやはりスローペース

 

5km〜20km

ハーフ折り返しの少し前でようやく、キロ5:30ペースのタイムに

 

20km〜30km

キロ5:30を維持。後半は2分ぐらい先行。

 

30km〜40km

33kmぐらいから足が急につり、持参したスプレーを掛けては走るの繰り返し。黄色信号。

 

40km〜ゴール

35kmぐらいで黄色い風船をつけたペーサーに抜かれるも、ここの集団についてゆけば初のサブ4が見える。

必死で食らいつく。

 

何とかゴール。

 

フルマラソンは3回目。地元水戸の大会でサブ4ができて良かったです。まあ伸びしろたっぷりは変わりませんが。

 

すでに足が痛くて歩くのがやっとなので、明日はひどい筋肉痛になるでしょう。

 

本日レースに出場された皆様、雨の中、お疲れ様でした。

 

 

ゴール後の写真

 

 

今年のメダル、表と裏

 

 

p.s.

結果、30km走をやらなくてもギリギリサブ4ができましたが、30km以降の失速を防ぐにはやはり30km走をやるべきだなと痛感しました。もっともこれもアプローチの一つであって、ペースを上げた20km走やビルドアップを定期的に行なっていれば負荷は掛けられると思います。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

かさまトレイル走ってきました。

  • 2017.10.10 Tuesday
  • 08:40

旅人です。

 

昨日は、かさまトレイルラン大会に出場してきました。

 

朝5時起床、食事をとって6:49の常磐線で岩間駅へ。

 

朝起きたときに、まったく食欲なし。朝早いから?いえいえ、ここのところ毎日食欲がありません。

 

食べないと薬が飲めないので、昨日もおにぎり2個。もうこれが限界。

 

朝早かったせいか、医者から処方された食前の吐き気を抑える薬を飲み忘れ、食後の胃酸を抑える薬はイチかバチか?飲まずに出発。風邪薬も飲まず。これが最悪のレースになろうとは知らずに。

 

薬を飲んでも飲まなくても胃痛と胃のむかつきはここ数日変わらず。

 

水戸駅から岩間駅まで電車で約20分。到着後は無料のシャトルバスが出ていたのでこちらに乗って現地へ。

愛宕山には三度通いましたので、見慣れた景色です。

 

 

(写真は前回のもの)

 

到着後は、いつもの駐車場から少し上にあるロッジへ移動し、ゼッケンを引き換えて会場へ。宿泊もできるロッジが更衣室代わりになっていました。

 

8時前。10時のスタートまでだいぶありますが、天気もよく気持ちの良い会場。

 

 

ショート(17km)、ロング(24km)ともに定員各250名とのことでしたので小さな大会ではありますが、県外が100名?とか開会式で言っていたような。

 

 

大きな大会にも規模の凄さに驚かされますが、こうした小さな大会もまた良いものです。

 

しかも、ロードのレースしか出たことがない旅人にとっては、出場者の格好が新鮮!もちろん自分もバックパックを持って行きましたが、更衣室で着替えたときに並べられたシューズもトレラン用のシューズばかり。

 

ちなみに私は予告通り、ミズノラッシュアップ2。

 

スタート時間まで特産の「栗」を焼いたものがふるまわれたり、混雑が大きな大会と比べて少ないのでうろちょろしていても全く大丈夫。

 

やがて、9:30にロングの部がスタートし、30分後の10時にショートがスタート。

 

スタート後は、皆さん飛ばされていたようでどんどん抜かれていき、ほぼ最後尾。

 

他人のスピードに流されず、自分のペースで最後まで走る。

 

これが最大の目標。案の定、登りで歩く選手が増えてきます。どこで歩くか?どの上り坂は走れるか?は分かっているので、ゆっくりでも足を止めずに行くと、今度は先ほど抜いていった選手と逆に抜いてゆくことができます。

 

しかし、昨日は、すでに足というか膝というか、まったく力が入らない状況。スタート前にもうすうす気づいていたんですが、自分なりにはずっと強度のある練習をしてきて、足が良い意味で張った状態が急に落ちた練習量のためにすっかりたるんでしまったような足。筋肉のみじんもないような、いや少しはあるんだけれど、プルプルと震えてしまう。そう、確か?筋振動。これ、レース中に足が攣る前触れ。

 

それでもレース中は、スピードを上げ過ぎず自分のペースで進む旅人。

 

前の選手を抜けるところと、一本道で抜けないところとありますから、レースのメインは、難台山を下り、再び上ってくる後半の最後の坂が勝負。

 

その難台山の山頂は腕時計のタイムで53分。

 

前回より3分以上遅かったでしょうか。

 

しかし、ここから500mの山の下りで足が終わってしまいました。やがて、山を抜け、勝負手前のロードでも全くスピードが出ない。ロードを走るコースがあるからこそ、ロード用のシューズにしたのですが、まさかのまさか?嫌な予感がここで的中。

 

足がつり始めてきてしまいました。

 

もうここに来るまでに、吐き気がひどく、薬を飲まなかったことを後悔もしましたが、先日ぶっ倒れてしまってから練習が全くできない、やっても足が重すぎる。この状態があったことを考えると、昨日はレースに出場できる状態ではそもそもなかったんですね、きっと。

 

ちょうどレースも半分ぐらいのところで意識が薄れかけてきました。

 

コースの試走は3回行ない、3度目には歩かずに上まで走れた上り坂。ここが一つの勝負と位置付けていましたが、後方から来た、本大会にも参加していた笠間市長に抜かれ、とても走れる状況になく、ほぼすべて歩くことに。

 

約2kmの坂を上り終えると再び山に入るわけですが、水を口にすると胃痛と吐き気が激しく軽い熱中症もあったかもしれません。

 

坂はおろか、山の中からゴールまでどうやって歩いているのか?もうフラフラで、しかも足がつりまくりで、歩いたり止まったり。

 

前に進む意識が薄い中でも、自分を抜いてゆく選手の後ろ姿だけはかなりの数見ました。

 

50名以上には抜かれたでしょうか?

 

まあ歩いているのだから仕方がありません。

 

そして、かろうじてゴール。

 

 

 

3時間を切れるはずが、当然ながらオーバー。

 

参加賞をもらったあと、もう立っていられず芝生で30分以上も倒れ込んでいました。

 

思い返せば、7月に66kgあった体重が急に4kg近く落ち、風邪と胃炎でさらに食べれず2kg落ち。

 

レースが終わった午後1時すぎ、もちろん食欲があるわけもなく、かろうじて家路についたものの、床に臥せるだけでやはり食事ができる状態でもなく。

 

朝になり水分だけ欲してきたことが好調のきざしか?

 

12時間ぐらい横になったことでようやく、今朝はコップ1杯のジュースを飲むことができました。

 

走りがどうのこうの?という前に、まずは日常生活が普通にできるように体調を戻すこと。これが最優先ですね。

 

暗い話で終わりそうですが、かさまトレイルラン大会は小さくも素晴らしい大会でした。参加賞に、製陶ふくだ の茶碗までいただき嬉しい大会となりました。

 

次回は、順位はともかく、大会を楽しめるように万全の体調で出場したいと思います。

 

製陶ふくだHP

 

P.S.

いまの状態では水戸フルも危険信号ですね。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日立さくらロードレース(ハーフ)結果。

  • 2017.04.10 Monday
  • 09:59

旅人です。

 

さて、旅人の日立さくらロードレースを振り返ってみたいと思います。

 

起床は、5時30分。

普段とほぼ変わりない朝食に「コンビニのおにぎり2個」が定番。そして、風邪をひいていたので、甘酒で体温も温めて出発。

 

水戸駅に6時50分に到着し、7時3分の電車でいざ日立へ。

 

ハーフスタート時刻は9時20分ですが、すでに人が出ていました。昨年初めて参加し、人、人、人ととにかく規模の大きな大会を知らない旅人は人の多さに驚いてしまいました。出場者だけで2万人近くともなると応援の人もいるわけで混雑ぶりが凄いですね。

 

第17回日立さくらロードレース

 

小雨の降る中、ぞくぞくと選手たちがやってきます。

 

旅人は、早々と着替え、荷物を預けて頭からビニール袋(70L)をかぶり待機です。

 

30分前からウォームをはじめ、20分前にスタートゲートに並びました。

 

 

 

そういえば、スタート時には雨も一時的に止んでいました。

 

9時20分にスタート。

 

勝田マラソンの反省から、とにかく、混雑をすり抜けないようにと思いました。まだまだハーフをイーブンで走り切る脚のない旅人は、ちょこちょこと混雑を抜けて体力というか足が持たなくなってしまうのが怖い。

 

団子状態のままスタート。

 

それと、給水を怠ったために軽い脱水症状になった勝田の反省から、できるだけ給水ポイントではコップ2杯を飲むようにしました。ポケットには、kentaiの塩サプリを持参。

 

とはいえ、3km地点で、キロ6分ペース。これはまずい!ペースが遅すぎると感じました。

 

徐々にペースを上げようと思うものの、うまく抜けない。

 

実際にペースを上げることができたのは5km過ぎからでした。この辺りから結構雨が強くなってきました。

 

ただ、体も熱くなってきたので、次の給水ポイントでビニール袋を捨てたら、ほてった体が冷やされてだいぶ楽になりました。

 

その後、5kmすぎからは右のふくらはぎに張りが出たため、もっとペースを上げたかったのですが、足の攣りがこわく、イーブンペースのまま行きました。

 

さらにペースを上げたのは、10kmあたりから。

 

10km過ぎるといつの間にかふくらはぎの違和がようやく取れはじめ、ペースを上げたおかげで体全体で走るフォームになり、スピードを上げたのに全く疲れなくなりました。

 

15kmを越えてもう少しペースを上げ、残り3kmでは残っている脚を使って全力で走ろうと。

 

最後に登坂があるのですが、ここはどうせペースが遅くなるから、その前に足を使い切っても構わないと思いました。

 

1kmごとのラップはこんな感じです。

 

 

旅人のトレーニング時の最速ペースは、4:20/kmですので、16km地点で4:15、19km地点で4:16を出せたのは、シューズ(ソーティマジック)のおかげだと思っています。

 

とにかく最後の残り3kmは全力走。

 

千波湖1周3kmのタイムトライアルをイメージ。ラストの登り坂もペースはやや落ちたものの、足が残っていて良かったです。17kmの地点で、このままいけば、1時間50分を切れるかも?と計算。モチベーションになりました。

 

結果、1時間49分49秒でのゴール。

 

いつもながら、タイムはさておき、その日持っている自分の力が最大限出せたかどうか?余力を残して終わらないようできたか?この点、全力が出せて良かったと思います。

 

 

長くなりそうなので、最後、まとめ。

 

(良かった点)

1.ソーティを履いて全力で走れた

2.雨のレースを体感できた

3.給水をしっかりとったことで足の攣りは出なかった

 

(反省点)

1.スタートから序盤の5kmまでをどうするか?もう少しペースアップが必要

2.給水の回数(どこで給水するか)をあらかじめ想定しないとタイムロスが大きい

3.普段のトレーニングで強度高めの練習が(3kmタイムトライアル)だけなので、5kmや10kmタイムトライアルなどにレベルアップさせることが必要。強度の高い練習ができれば、距離をこなす練習が仮に不足しても補えるはず。

 

 

P.S.ずいぶん前の計画では、このハーフマラソン終了後、日立市から旅人の住む水戸市までジョグで走って帰ってこようと企んでいたのですが、昨日の体調(風邪)と天候(雨)を差し引いても、そもそも足が残っていなかったのでできなかったですね。ロング走は次回、4月中には取り組みたいと思います。

 

7/2(日)、日光ウルトラマラソン(100km)

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

日立さくらロードレース(ハーフ)結果。

  • 2017.04.10 Monday
  • 08:57

旅人です。

 

昨日は、第17回日立さくらロードレース(日立市)でした。

 

旅人は、ハーフにエントリー。初めての雨天レースの中、そしてまさかの2年連続での風邪っぴきで走ってきました。

 

雨 日立さくらロードレース

 

 

まずは、結果から。

 

タイムは、グロスで1時間49分49秒。

 

先月の大子町ハーフが、1時間49分50秒ですから、1秒縮まりました(笑)。

 

ネットタイムでは、1時間48分24秒でした。

 

シューズは、予告通りソーティマジックRP2。

 

ソーティマジックRP2

 

朝起きたとき、のどは痛かったものの、熱もなく、咳も出ていなかったので走れる!と思いました。

 

昨年は、「風邪をひいて走ったら人間どうなるのか?」とおバカな好奇心(本心では純粋な好奇心)で走り地獄を見ましたので、発熱があった場合は、さすがに止めようと思いました。

 

今回の収穫は、とにかく普段ジョグペースの旅人でも、底の薄いソーティで走れたということ。シューズの重さを全く感じず、タイムはさておき、自分なりには軽快なとても気持ちのいい走りができた。この点が最大の収穫です。

 

レース用のシューズをジョグにも使用してしまっていますが、全力で10km以上も走ったことはありません。

 

シューズがダメになったら嫌だし、自分の足が壊れても嫌だし、やっぱりレース本番だからできることがあると思うわけでして、その点、このシューズを履いて自分なりに速度を上げて走ってみて、走り切れたことを確認できたことは良かったと思います。

 

ただ、明けて翌日。

 

ブログを書いている今日ですが、過去にないぐらいの足の筋肉痛です。

 

これもソーティを履いた結果なのだろうと思います。前回、大子ハーフでのウェーブライダーではこの筋肉痛はありませんでしたから。そう考えると、前半から中盤はもう少しペースアップできたのだろうと思っています。

 

中盤から後半は、いまの自分では限界まで飛ばしたつもりなので、練習でさらに上をゆかない限り、本番ではこれが精いっぱいです。

 

長くなりそうなので、2回に分けます。

 

7/2(日)、日光ウルトラマラソン(100km)

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

マラソン結果

フル:03:58:11 (2017水戸黄門)

ハーフ:1:41:14 (2018大子町)

10km:46:30 (2018勝田)

3km:11分56秒 (2018千波湖元旦)

スポンサードリンク

マラソン関連本

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

新品価格
¥2,160から
(2018/2/24 18:13時点)


42.195KM トレーニング編 第2版

新品価格
¥3,024から
(2018/3/20 12:46時点)


ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング





MYシューズ






ブログランキング

よろしかったら投票お願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM