関家さんの本

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 07:59

旅人です。

 

久々に、Kindleで関家さんの「ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング」を読みました。

 

去年と同じ練習をしていては結果は同じ。

 

関家さんの距離は真似できないけれど、もう一度読み返すことでヒントがあるのではないか?自分に足りないことというより、距離以外で真似られることがあれば吸収したい。そんな思いで。

 

・インソールは必ず変える

・レース後はしっかり休養する

・レース3週間前からはLSDをやらない

・1ケ月前から禁酒する

 

3ケ月前、約1000km

2ケ月前、約1000km

1ケ月前、約600km

 

ときどきロング(50km前後)を織り交ぜているけど、普段は、朝、夕、夜の3回を5〜10kmの距離だそうです。

 

どうやって超長距離を走る脚を作るのか?長年走ってきた方と同じ方法はできませんが、繰り返し読むと得ることがあります。

 

膝も痛いし、走力も急にアップするわけでもないので、それ以外で補わないと完走に近づかないなあ。

 

ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

本「テーピングの基本」

  • 2018.05.10 Thursday
  • 11:53

旅人です。

 

去年は、練習時にもレース時にもずっとテーピングやサポーターをしていたと思います。(つまり、結構長く痛みがあったということ?だと思います)

 

「故障がないなら、無理に固定(テーピング)しない」ので、

 

膝の痛みが消えた頃からいつしかテーピングもやめましたが、今度は痛みが出ましたから(かすみがうらF以降、現在)練習時にも取り入れようと思います。

 

ただ、痛みが腸脛靭帯だけではなく、ふくらはぎだったり、先日のレースでは臀部だったり、レース中の痙攣では太ももだったりしますので、ちゃんとテーピングのやり方を知った方が良いかな?と、本を買いました。

 

 

ネット検索でも「テーピングの方法」が動画でヒットするので改めて買うのもどうか?と思ったのですが、寝床に置いてぺらぺらと常にめくれるようにと購入しました。

 

もちろん、正しく行なうためにも。

 

 

とりあえず、膝固定。

 

 

テーピングの基本 (OUTDOOR POCKET MANUAL)

新品価格
¥1,026から
(2018/5/10 11:56時点)

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

本「タバタ式トレーニング」

  • 2018.04.27 Friday
  • 08:53

旅人です。

 

2015年初版の本。

 

ネットで見てはいたけど、書店で立ち読みしてたら欲しくなり購入。

 

 

「たった4分で有酸素性能力・無酸素性能力がともに向上する」というのがポイント。

 

20秒運動して、10秒休むを繰り返す。

 

HIITと同じように高強度インターバルトレーニング。

 

今日は自転車も購入予定なので、膝痛で走れない日に具体的に何をやるか?

 

また、それにどんな効果があり、ランが再開できたときにどう関連するのか?

 

目前の目標だと、こんなに走れていなくても日光100K完走は目指したいと思っているので、ランにプラスになることはできるだけ知り、取り入れてゆきたいと思います。

 

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

新品価格
¥1,080から
(2018/4/27 08:41時点)

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

本「中長距離走トレーニング」

  • 2018.01.26 Friday
  • 09:06

 

勤勉を装う旅人です。

 

ネットでも「本」を買いますが、昨日は、駅ビルに隣接する書店で先日に続いての立ち読み。

 

立ち読みは本当に楽しいです。

 

お目当ての本を購入するだけならネット通販が便利ですが、意図しない情報を得られるのが書店。

 

あっちの棚、こっちのコーナーと、書店や図書館は興味が尽きません。

 

で、また1冊購入。

 

 

中長距離走トレーニング。

 

10kmレースを目前に控え、悩む旅人にピッタリの本です。

 

著者の櫛部静二さんは、城西大学駅伝部(男子)の監督さんで、10,000mでは28分16秒79という凄い記録を持っている方。

 

ちなみに、わが茨城出身である平塚潤さんが城西大学駅伝部の監督になった時のコーチがこちらの櫛部さんとのこと。

 

まだ冒頭しか読んでいませんが、

 

過去、輝かしい日本の男子長距離の時代はとにかく「距離を走る」ことでタイムや栄光をつかんできたようですが、現在は外国の選手に抜かれてしまっている。練習量だけでなく、科学的にトレーニングすることが重要というニュアンスのことが書かれていました。

 

同じレベルではない一般市民ランナーが丸ごと実践するのは難しい部分もあるでしょうが、どうトレーニングすればタイムが縮まるか?この本を読み終えたときにはきっと理解が深まっていると思います。

 

自分に足りない部分が見つかる!

 

立ち読みして、そう思ったので購入しました。

 

そして購入後、向かった先は…

 

 

走るマスターがいる、勝田駅近くのGOOD JOKER。

 

勝田マラソンが目前に迫り、フルエントリーのランナーはさすがに今週は控えているのかもしれませんが、旅人は来ちゃいました。

 

適度にアルコール摂取。

 

ビールとハイボール。美味しい料理とマラソンばかりのトークでいつものように楽しく終えました。

 

チャージ満タン。

 

会計後、帰りの電車に慌てて乗るため、アシックスウォーキングで買ったビジネスシューズで走る旅人!

 

あと1分、あと30秒。

 

ぎりぎりセーフ。

 

あれ?

 

気づいたら、ランの時あれほど重たかった足が軽くなってる?

 

ひと叩きのおかげでしょうか?

 

1日休みは1日で戻る?3日休みは3日で戻る?ということなんでしょうか?

 

今日も無理せず走ってみます。

 

1/28(日)

勝田マラソン 10kmエントリー

目標50分切り

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

他人のサブスリーって気になる。

  • 2018.01.20 Saturday
  • 10:22

旅人です。

 

先日買ったみやすのんきさんの本「フォームの基本」に続き、「ひぃこらサブスリー」という本を買ってみました。

 

 

本は読むけど最近マンガはほとんど読んでない旅人。

 

みやすのんきさんと言えば、学生時代に「僕はミニに恋してる」を読んでたぐらいの記憶。もちろんお名前は知っていますが、まさか50歳過ぎてからの再挑戦でサブスリーランナーとは!知りませんでした。

 

そもそも、生活環境もカラダも仕事も人それぞれ。

 

目標もタイムも人それぞれ。

 

でも、「85kgあった体重から走り始めて」という経緯を知ると、みやすのんきさんもどっちかというと、こっち側(旅人も80kgオーバーでしたから)の人じゃない?と親近感がわきます。

 

サブスリーとなると、あっち側の人なんですが、元はこっち側の人(笑)。

 

そんな方がサブスリーに至るまでが書かれているのが、ひぃこらサブスリー」という本。

 

中身を読んでいると、ちょっと真似できないなという練習が後半は節々に出てきますが、それでも、他人がどうやってサブスリーを達成したのか?は興味があります。

 

真似るんじゃなく、知りたいという好奇心。

 

同じレベルにならなくても、今よりももっとタイムを縮めて、ペースの幅が広がることが自身、最大の目標であるウルトラマラソンの完走につながると信じているので、大いに参考にはなりました。

 

P.S.

消化しないと消滅してしまう楽天ポイントで、葛西紀明さんの「40歳を過ぎて最高の成果を出せる 疲れない体 と 折れない心 のつくり方」も購入したので、きょうあたり届くはず。こちらも立ち読みして興味を持ったので楽しみです。

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

つづき、「秋田100kmマラソンに賭ける」の19話を読み終えて。

  • 2018.01.08 Monday
  • 12:32

旅人です。

 

ブログでも何度か紹介していますが、秋田ウルトラマラソンに連続出場されているシルバー・アスリートさんが昨年、自身が出場されたレースを舞台にしたウルトラマラソン記を出版されています。

 

旅人も購入させていただき、読みました。

 

 

残念ながら、ウルトラマラソンは過酷なため、すべての出場者が完走できるレースではありません。

 

今回は、昨年9月に出場され、新聞に投稿された内容、つまり、先般出版された本の「つづき」にあたる最新の19話を読ませていただきました。

 

ブログにも記載がありますが、これから本を購入される方にはコピー文ですが読むことができるようです。すでに本を購入された方で19話を読みたい方は、シルバー・アスリートさんメールでコンタクトをとってみてください。

 

読み終えて、やはり、臨場感あふれるものでした。

 

一部、ブログで投稿されいるものと重複しますので知っている内容ではありますが、もう少し、もう少しと前に進む意欲と、同時に、リタイヤに至る直前の状況などが書かれています。

 

個人的には、今回の19話も「人の和、輪」を感じることができる本(投稿)だと改めて思いました。

 

ふだんは、ぼっち練習の旅人。

 

会にも所属していませんし、レースでの喜びを特に共有したいという欲はほとんど持っていません。自分という肉体を、同じく自分がコントロールしてどこまで伸びるものなのか?という客観視が日ごろの意欲です。

 

毎日毎日、自分のカラダを使って新たらしい実験をしているような感覚が好きなんです。

 

よって、チームを結成したり、仲間で大会に出場して喜びをわかち合うことに関心が薄いのですが、シルバー・アスリートさんから感じる「人の和・輪」はいいなと、とても羨ましく感じるんです。それで、マスターズ加入の話につながるわけです。

 

それと、すでに最新のブログにも投稿がありましたが、完走するためには何が必要か?という反省をすでにシルバーアスリートさんが記載しています。

 

これは、経験や年齢、体調、フルマラソンのタイム、準備期間などによって大きく変わる問題ですが、良いとき(目標タイムでのゴール)ばかりではないのがマラソン。特に、それよりも距離が長いウルトラマラソンではなおのこと、思い通りに進まないことのほうが多いのかもしれません。

 

準備からレース記、レース後、次に向けての反省や目標などひっくるめて知ったほうがよく分かると思います。

 

ブログを読んでいる方は、本まで読む。

 

本を購入された方は、またブログに戻る。

 

こうすると一連の流れがよく分かります。

 

そしてタイムでの記録も大切ですが、この記録(1冊の本にまとめたレース記)ということが貴重な財産でもあると思いました。連続出場している体験記だからこそ価値が高いのだと思います。

 

私は100kmのゴールにたどりついたことがありませんので、その価値ある財産から少しでも吸収して自分のレース(日光)に活かしたいと考えています。

 

シルバー・アスリートさんのブログ

http://blog.goo.ne.jp/sugimken

※本の購入、19話については、ブログを読んでいると「コメント欄」にシルバー・アスリートさんにコンタクトをるメールアドレスが出てきます。直接メールでやり取りすることで購入や19話のコピー取得ができます。

 

P.S.

昨年、骨折した後に柴又ウルトラ60Kを完走されているシルバー・アスリートさん。

普通に出場した2016年の旅人よりも早くゴールしてますから。超人ですよ(笑)

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

速く走れるカラダをつくる

  • 2017.11.25 Saturday
  • 08:50

旅人です。

 

本のタイトルは、「速くなる体幹トレーニング」。

 

雑誌だったか?どなたかが読まれた感想を見て購入しました。

 

速く走りたいなら、速く走れるカラダをつくろう!

 

といういことらしいです。

 

読み始めたものの、寝落ちしてしまいこれから毎晩少しずつ読んで、そして実践してゆきたいと思います。

 

BCTってなに?

 

体幹トレーニングやってるけど全然身になってない気がする?という方は、「正しいやり方」になっていない可能性もあります。

 

数をこなすよりも、正しく続ける。

 

これが長いマラソン人生では大切なのかもしれません。

 

繰り返しますが、まだ読んでません(笑)

 

 

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

続、旅人の本棚。

  • 2017.11.06 Monday
  • 08:42

旅人です。

 

以前にも載せたと思うのですが、ページがどこへやら?

 

ということで、旅人の本棚(一部)。

 

 

マラソン本の棚はこちら。

 

 

あとは月刊誌でランナーズのみ。たまに、クリールを買うぐらいです。

 

他人の本棚が気になるのは私ぐらいでしょうか?

 

「ランナーの本棚」のような出版物出ないかな?作家の本棚などは書籍にもなっているし、雑誌で紹介されることもありますよね。あれ、好きなんです。本だなというか、書庫とか図書館級の自宅をのぞくのが面白いです。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

本「やってはいけないランニング」

  • 2017.11.03 Friday
  • 08:31

旅人です。

 

レースが終わってから走りのフォームが調子がいい?感じがします。

 

前回もブログで書きましたが、レースに近いぐらいの「距離とスピード」が練習で足りなかったせいで、レース後に実感しているものと思われます。

 

頻度を高めてレースに出るか?

 

もう少し距離とスピードを上げたトレーニングを月に1度でもレースに出たつもりで組み込むか?すると今よりも楽な走りが手に入るのでは?と思います。

 

楽な走り?

 

私も含めて多くの市民ランナーは走り方などは習っていないと思います。

 

私は、ペースの遅いジョグをメインに行なってきましたが、こうしてたまにレースに出た後の楽な走りを体験すると、「走り方」をどこかで一度学べればという思いです。

 

自分流の楽な走り方がトレーニングやレースのなかで手に入ればそれはそれでよいと思いますが、知っておいてマイナスになることはないだろうと。

 

いま、以前購入した本を久々に読んでいます。鈴木清和さんの本です。

 

 

本を読むときに決めていることがあります。

 

書いてあることが正しいことであっても自分に当てはまるわけではないので、鵜呑みにしない。それと、全ページの中でたった1行でもヒントが得られれば本を購入した価値があると思うこと。主にこの2点です。

 

ともすると、多くのページに共感できないとガッカリしてしまうこともあるかもしれませんが、1ページでも、あるいは1行でも自分にとって発見があったりヒントが得られれば良いという思いです。

 

上の本は過去に読み終えた本ですが、再び手にとってみました。

 

フォームについてと、足が速くなるドリルについて書かれているからです。

 

過去に読んだときと、今読んだときではまた得られるヒントが違うかもしれません。

 

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

「秋田100kmマラソンに賭ける」を読み終えて

  • 2017.09.18 Monday
  • 09:06

旅人です。


先日もブログで一部触れましたが、シルバー・アスリートさんの書籍「秋田100kmマラソンに賭ける」を読み終えましたので、改めて感想を書きたいと思います。(シルバー・アスリートさんのブログはこちら >http://blog.goo.ne.jp/sugimken

 

ウルトラマラソン本


すでに本を購入されて読まれた方も多いと思いますが、

 

皆さんときっと同じように、

 

私もまるで自分が秋田100kmウルトラマラソンに出走しているかのように感じました。

 

1つ1つの大会が当然ながら実にいろいろな「顔」を持っていることに気づかされます。そして、無事に完走した良いレースばかりでなく、思うように行かなかったレースについても細かく書かれていて、参考になりました。


また、登場してくるシルバー・アスリートさんの周囲の方々との交流がうらやましく感じるぐらい素敵だなと感じました。早い遅いも大事だけれど、毎年この大会で顔を合わせる(交流する)、そして沿道にもなじみの顔がある。大会の特徴でもあり、またシルバー・アスリートさんのお人柄も大いにあるのでしょう。


私は少し前に、ウルトラマラソンの本を読んだことがあります。

 

トレーニングについても書かれていますが、おおよそ一般の市民ランナーがまねできないほどの月間の走行距離でした。トップレベルの選手がどのくらい走り込んでいるのか、これはこれで楽しく読みましたが、シルバー・アスリートさんのトレーニングは幅広い年齢層のウルトラランナーが参考になるのではないでしょうか。

 

もっとも、シルバー・アスリートさんはマラソン出場以外にも、スキーをやられたり、マスターズの陸上記録会に出られたりと、その名の通りアスリートとして活動が盛んな方でもあります。


さて、個人的な話になりますが、私はウルトラマラソン完走を目指していますが、過去、日光100kmに出走しただけで途中リタイヤ。まだ完走はできていません。

 

本のなかでは、1分1秒単位で出てくるタイム計算が多いことには驚きました。

 

完走されている方の多くはそうなのかもしれませんが、大いに参考になりました。

 

また、もっとも印象的だった言葉は、

 

(前文略、以下一部引用)

5分前に完走したランナーでは、たまたま完走した「偶然完走者」と計算した「確信完走者」の差は大きい

 

との言葉です。まさにその通り。

 

とにかく、準備と計算あってのウルトラマラソンだとつくづく思い知らされました。自分にはまだまだやるべきことがたくさんあると感じました。

 

トレーニング、補給、トイレ、食生活、コースの把握、タイムの計算など、この後、二度も三度も読んでバイブルにしたいと思います。


そして、私もマスターズ陸上に来年登録しますので、県の競技会でぜひお会いしましょう。

 

追記:1つのウルトラマラソン大会に出場し続ける、まさに本のタイトル通りでした。

私にとっては壁の高かった初の日光100K大会に来年もまたチャレンジしてみよう!

いま、そんな思いに駆り立てられています。もちろん、しっかりタイム計算を取り入れて。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

マラソン結果

フル:03:58:11 (2017水戸黄門)

ハーフ:1:41:14 (2018大子町)

10km:46:30 (2018勝田)

3km:11分56秒 (2018千波湖元旦)

スポンサードリンク

マラソン関連本

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

新品価格
¥2,160から
(2018/2/24 18:13時点)


42.195KM トレーニング編 第2版

新品価格
¥3,024から
(2018/3/20 12:46時点)


ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング





MYシューズ






ブログランキング

よろしかったら投票お願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM