日光ウルトラ振り返り(後編)

  • 2018.06.18 Monday
  • 16:55

旅人です。

 

日光ウルトラ振り返りの後編です。前編は>こちら

 

さて、第三関門の東武バス駐車場(43km地点)ですが、ここでコース荷物の受け取りがあり、朝一にも飲んだレッドブルを用意しておいたのでこのタイミングで2度目の摂取です。同時にショッツ(ライム)も。

 

しかし、これだけの距離の下り(約17km)に慣れていないせいと、そもそもバックパックを背負っての練習においてもせいぜいフラットな30Kまでと、やはり100Kを走破するための準備としては不足していました。

 

また、この時点で疲れも出始めていました。

 

関門閉鎖まであと20分というタイミングで入ったので休憩もそこそこにして次へ出発しました。

 

58kmの地点には、日光江戸村内がコースに含まれています。

 

昨年はこのあたりから歩くシーンになってしまいましたが、今回は疲れは出ていたものの何とか走れていました。

 

その後、第四関門に入ったのは、関門閉鎖まであと15分とどんどん持ちタイムがなくなってきていました。

 

想定より遅く、キロ7分にまで落ちたことで次の鬼の階段は無事通過し、69km地点の東武ワールドスクエアを目指していました。

 

園内の一部がコースになっており、ここで写真を2枚撮りました。

 

余裕があって撮ったのではなく、急に表面化した疲労からレースの終焉が近づいていると知ったからかもしれません。

 

 

 

NYの街並みですかね。ミニチュアです。

 

ワールドスクエアを出て70km地点の計測機を通過したあと、次の関門(82.7KM)には今のペースでは間に合わないことが分かりました。

 

ここまでのペースを振り返ると、

第一関門まで6’57/km

第二関門まで6’49/km

第三関門まで6’39/km

第四関門まで7’05/km

 

それでも、歩いてでも這ってでも一歩でも前に進もうと、第22エイド(72km)を出発。

 

しかし、第23エイド(75km)までの遠いこと遠いこと。

 

70kmを過ぎてから歩くシーンが増え、72kmを出発してからの3kmは完全な歩きとなってしまい、這うどころか一歩も前に進めないぐらい急激に疲労が出てしまいました。

 

 

よって、23給水所でリタイヤ申告

 

75kmで日光挑戦は終わりました。

 

すでにウェルネスから速報がアップされ、ネットで見ると今年は完走率が上がったそうですね。小雨でしたが気温は高くなく走りやすかったと思います。

 

さて、そこで最終タイムの完走者75KMリタイヤの旅人10kmごとのタイムを比較したいと思います。

( )内が最終ゴールのランナーさんです。

 

10km

旅人1:22:11(1:14:06)

 

20km

旅人2:52:58(2:36:50)

 

30km

旅人4:11:22(3:48:12)

 

40km

旅人5:26:44(4:55:16)

 

50km

旅人6:59:52(6:22:21)

 

60km

旅人8:23:49(7:48:46)

 

70km

旅人10:00:25(9:22:27)

 

旅人は80kmを踏めていませんのでここまで。

 

なお最終ランナーの方は、この後も10kmごとのラップでいうと1時間33分前後で通過してゆき、制限時間の12秒前、13時間59分48秒でゴールされたようです。ぎりぎりですが、完走です。最後まであきらめず素晴らしい結果ですね。

 

タイムの早いランナーはもちろんのこと、最終ゴールのランナーも自分の持っている力を最大限発揮してレースをされたのだと思います。両者に頭が下がります。

 

ちなみに、10kmごとのラップではすべてのタイムにおいて最終ランナーが優勢?と思いきや、60km地点においてだけ旅人のほうが3分ほど早かったようです。

 

ただ、60km地点の通過時間ではスタートから35分の差がついていました。

 

70kmの地点では、37分差と、タイム争いとは無縁だったかもしれないランナーにおいても、すでに、最初の10kmからレースははじまっており、そのラップを最後まで維持できないと(あるいは、後半の遅れも計算できた上でのペース維持)、完走ができないということがよく分かります。

 

周囲からは、来年はリベンジ!

 

とありがたい声援も頂いたのですが、75kmリタイヤと100km完走の間は、単なる25kmではなく相当の開きがあると思っています。

 

2度(昨年に続き)やって二度もゴールできていないとなると、出場は個人の自由ではありますが、また来年も同じ結果になることが目に見えています。いまの私にはレベルが高すぎる大会でした。

 

帰りの救援バスのなかで一緒になったランナーさん(旅人と同じ75kmでDNF)が、フラットなコースでは100kmを何度か完走していると言っていましたが、果たして自分はそれができるの?と単純に疑問に思いました。

 

レースに出たきっかけは、毎年プライベートで訪れている大好きな日光、しかもあの「いろは坂」を走るレースがあるの!!とワクワクしたからなんです。茨城県民は小学生のころ、きっと遠足でみな「いろは坂」をバスで通っているはずです。

 

栃木県民だけでなく、茨城県民にも親しい坂なんです。

 

でも、もう二度も走れたのでこの目的は達成しました(いろは坂を走る目的)。

 

次回、日光100kmウルトラマラソンに出る際は、このレースに失礼のないレベルになってから。そうしたいと思います。

 

初のウルトラが日光100の方もいると思います。そして完走できた方もいると思います。

 

でもどうでしょうか?

 

先ほどの最終ランナーのタイムを見る限り、フルで言えば、やはりサブ4は最低限のような気がします。

 

20km以上の上りを含む計40キロの地点で、最終ランナーでさえ4時間55分です。

 

限りなくサブ3.5に近いか常に3時間30分前後で走る走力があり、かつフルを超える距離においてある一定のペースで足を維持して走る走力を持っていないと、日光に限らず高低差のあるウルトラレースはこなせないと思います。

 

旅人はまだそのレベルではないことが二度DNFで改めて分かりましたので、まずは目前のレースをしっかりこなしてゆき、少しずつレベルを上げて、日光ウルトラにふさわしい走力がつけられたとき三度目の挑戦をしたいと思います。

 

結論としては、

 

当面は、できるかどうか?分かりませんが、サブ3.5(または近いタイム)ができないと日光100Kの完走はできなさそう。

 

それと、フラットな100kmが完走できないと論外のような気もします。

 

フルが早けりゃ、ウルトラの完走もぐっと近づく。そう思います。

 

レースに出ることで実力をつけてゆくというステップもありますが、それならばフラットな大会に出て距離への確実な耐性ができてから臨む方が適切かもしれません。

 

なんせ、100kmという距離自体をまだ踏んだことがありませんから、ウルトラに出るならこの距離も重要ですね。

 

ウルトラと言えば、

 

旅人は、初のフルマラソン(水戸F)の前に柴又60K(ぎりぎり完走)を走りました。

 

「60K走れれば、フルは走れるんじゃないの?」という考えから先に走ってしまいましたが、100km完走できたらウルトラランナーですと名乗りたいと思います。もちろん、50Kでも60Kでも、70Kでもフル以上の完走者はすべて立派なウルトラランナー

 

でも、100kmには強い憧れがあります。

 

この挑戦はもう少し先。

 

次回は、7月に5,000mの千葉マスターズがあります。

 

100km完走者は、5,000mも早いでしょうから、まずはしっかりと体を休めてから短い距離を疎かにせずしっかりと挑戦したいと思います。

 

P.S.

今回、気になっていた「膝」の痛みは最後までありませんでした。

ペースが遅かったせいもあるかもしれませんが、レース前、ブログを読んで頂いている先輩ランナーのRRRさんから「休養やウォーキング」のアドバイスを頂き、自分なりに膝の休息などをとったことも大きいと思います。完走はできませんでしたが、この場を借りてありがとうございました。リタイヤは膝ではなく、走力が足りなかったせいです。この敗因は月日が足らず来年には活かせませんので、日光は当面お預けです。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

お先に日光観光。

  • 2018.06.16 Saturday
  • 18:05

旅人です。

 

日光に昼前に到着し、まずはホテルへ直行。重たい荷物を預けて徒歩で受付会場の霧降スケートセンターへ行きました。

 

3km弱と思ったら、実際歩いてみると3km超えてました。まあ100km走るのに細かいことはいいか。

 

天気は予報通り雨。

 

近くの蕎麦屋でランチを済ませ、会場に着いたのは13時ちょっと過ぎ。

 

皆さん、シャトルバスや車で到着し次々と受付をしていました。

 

この後混雑するのは昨年通りのはず。

 

説明会は14時からなんですが居場所ごない。トイレも混雑。おまけに、昨年はホテルまでのシャトルバスにも漏れてしまう始末。

 

ツアー会社の問題なのですが文句を言っても仕方ないので、今年はそうなる前にさっさと受付を済ませた後、シャトルバスで東武日光駅まで戻りました。

 

とは言え時間は早く、特典としてもらった日光観光の一つを選択し先に見てきました。

 

 

 

いくつかあるのですが、使用できる期間がレース前日の今日と開催日、それと翌日だけです。

 

前日に歩くのは本来好ましくなく、レース当日は早々と関門アウトにでもならない限り観光などできず、レース翌日はもう帰ってしまっているランナーや激戦で疲労したカラダで足を引きずって日光観光するか?なんとも使い勝手が悪いお楽しみ券なのです。

 

ただ、これも文句ばかり言っても仕方がないので、今日のうちに観光してきました。

 

昨年は月曜の朝に観光したのですが、今年は完走できる!と信じて先に観光。2泊3日のプチ旅最終日は足を引きずって帰りたいと思います。

 

日光山輪王寺と大猷院を見ました。

 

 

輪王寺は何度も来ていますが、大猷院は初めて。素晴らしい建築物です。

 

 

ただ無料券での観光なのに、ハマっている御朱印などを書いてもらいそれなりの出費に。日光でも相変わらずの旅人です。

 

観光を無事に終えた後はホテルに戻り明日の最終チェックをして、寝る?

 

深夜1時起床、

2時30分にはシャトルバスで出発ですので、ツアー組でまともに寝れるランナーはほとんどいないと思いますが、「1日ぐらい寝ないでマラソンやっても大丈夫」と昨年ネット情報で読んだので誤情報であったとしてもこれを信じて、寝ても寝なくてもいつも通り頑張ります。

 

今年は完走したい!

p>

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

明日、日光へ。

  • 2018.06.15 Friday
  • 15:42

旅人です。

 

きょうは雨で午前、午後とも工事(仕事)が中止となりました。

 

夕方、トレッドミル?と思ったのですが、足が重たいのでランはやめておきます。

 

私は、ツアーに申し込んだので、明日から宿泊です。

 

水戸駅を出発し、高速バスで宇都宮へ。

 

宇都宮から日光駅までJR。

 

ツアー宿に確認したところチェックイン前に荷物を預かってもらえるとのことだったので、重たいザックで歩き回るのはやめてまっすぐホテルへ向かうこととしました。

 

日光駅からも送迎バスが出ているので、少し待つようですがこれに乗ってホテルへ行き、いったん荷物を置いてから説明会会場(スタート会場)へ徒歩で行こうかな?と思います。だいたい2.5kmほどのよう。

 

慣れない道を歩くのは疲れますが、途中までは勝手知れた日光。

 

今日ランオフならば3km弱歩くのは大丈夫だろうし、なんせ会場で帰りのバス(17時だとさ)までザックで歩いているほうが疲れてしまうから、荷物がなければだいぶ楽なはず。

 

それでは、

 

明日、同じウルトラマラソンに出られるランナーさん、よろしくお願いします。

 

旅人は、1126です。

 

いい風呂(1126)です。

 

皆さんの前を行くことはありませんがレース中どこかで見かけたら声をかけてください。

 

昨年は、いろは坂で、アメブロの落ちこぼれのトレイルランナーさんとお会いできました。

 

説明会の会場では、誰かに会えるかな?

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

 

 

 

スマホGPS機内モードテスト

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 08:19

旅人です。

 

週初めは雨天というより、夕方からまさかの仕事が忙しく走れませんでした。

駅から自宅までの2.2kmランのみです。

 

火曜は走れるでしょうか?いや、走らねば!

 

さて、その月曜ですが、朝から雨のため仕事(工事)がない!と所用で出かけることに。

 

せっかくだから、スマホを機内モードにしてGPSだけでどの程度バッテリーが持つのか?試そうと午前9時からずっとRUNアプリだけ起動。スマホは、iPhoneSEです。

 

その後、事務所に15時頃戻ってきたら、仕事が5件入っていて、とりあえず雨でも動くことに。

 

一時、機内モード解除するとお客様からの電話(着信)も。

 

しかも、雨だからと、Gパンで出勤しちゃったため、その格好で客先へ。

まあ、普段は作業着にTシャツですからGパンにYシャツのほうがむしろフォーマルに見える不思議さ。

 

ひとまず仕事はこなしたものの、夕方ランはお休みに

 

肝心のGPS(一時解除あり)は、午前9時から午後10時近くまでの約13時間連続稼働

 

一応、ぎりぎり大丈夫でした。

 

※くれぐれも、走った距離じゃありませんからご注意を。車で走行中もずっと身に着けていただけです。あれ?でも、本番もこんな感じかな?きっと。

 

ガーミンとか持っていればこんな苦労はないのでしょうか?恐らく使いこなせないので、旅人にはまだ不要ですが。

 

しばらくはスマホのランアプリと、激安ウォッチで行きます。

 

そうそう、この時計、先日、水戸市長のFacebookで同じものと知り、投稿したら市長からレスがありました(笑)

 

お互い、値段は伏せましょう、と。

 

脱線しましたが、制限時間14時間の日光ウルトラ。レース中にスマホを稼働させれば13時間持たないかも?しれませんが、そのあたりまでは持つことが分かりました。まあ、最悪、計測だけですので別に構いませんが。

 

夜は、水戸市のお隣、勝田のGOOD JOKERにて一人飲み。(いつも一人ですが)

帰りは、水戸駅から自宅までの約2.2kmランで終了でした。

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

 

 

 

いろは坂の勾配。

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 12:20

旅人です。

 

明日は、筑波山をゆっくり登ろうと思ったのですが、今日は雨。明日のぬかるみは避けたいので、予定変更して「愛宕山」の坂(ロード)にしようかな?と思案中。

 

愛宕山のロード坂を上る理由は、「いろは坂」を想定して。

 

ちなみに、ネットで調べたところ、

※正確性については保証できませんのでご了承を。

 

「いろは坂」のぼり

約7.4km

平均斜度5.2%

最大斜度9.1%

最大高低差432m

※馬返しからの比較と思われます

※ウィキペディアには、第二いろはの上り9.5kmとありました

 

一方の愛宕山は、

約2.2km

平均?9.4%〜9.9%

標高305m

 

上りの距離は「いろは坂」のほうがありますが、全体の斜度は愛宕山へのロードのほうがきついです。

 

レース本番まであと10日。

 

走って上って疲れるのは本意ではないので、歩くか?まあ走っても2kmなら大丈夫?

 

大殿筋を程よく刺激しておくと、きっと本番でも好影響だと思うのです。もちろん、疲れてはダメ。

 

さて、明日はどうしよう。

 

P.S.1

関東も今日から梅雨入りでしょうか?

日光ウルトラの公式サイトに、「参加案内」ページがアップされていましたが、その中の資料に、過去3年間の6月17日の天気が掲載されていました。雨天、強風も想定してウェアなどのアイテムを再考したいと思います。

 

P.S.2

先日の30K走。

日曜のカンカン照りのせいで、肌が露出している箇所はひどく日焼けをしてしまいました。

普段から外で仕事をしているせいで、この時期は肌が黒いのですが、やはり、季節はじめの日焼けには注意が必要かもしれません。昨年に続き、慣れない日焼け止めクリーム(またはスプレー)ですが準備したいと思います。制限時間いっぱいの14時間を想定していますので。フルマラソンでは使いませんけど。

 

 

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

 

(準備編)ヒップバッグを買ってきました。

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 09:32

旅人です。

 

休養3日目です。

 

30K走の疲れがまだ抜けていません。(汗)

 

さて、走らないと相変わらずアレコレと考えるものでして、昨日は、「背負うか?迷っているバックパック」に対して「ヒップバッグ」を買ってきました。

 

まさに迷走中ですが、

 

こうして迷っていても最終的にはスパッと決める?決まるもので、迷った挙句の最終判断が最良であるといつも信じてやまない旅人です。もし問題があるとすれば、その判断が前夜とか前々日ということです。

 

テスト前に猛勉強をする学生のようですが、いつものことです(笑)

 

 

ハイキング用ですかね?

 

マラソン時、揺れがどの程度か?はまだ試していません。とりあえず、いま使用しているウェストポーチよりも大きいもので、給水ボトルが入るものを想定して買ってきました。

 

肝心なのは重量です。

 

バックパックが重たく感じているので買ってきたわけですから。

 

ということで、仕事で使うデジタルスケールで重さを計ってみることにしました。

 

 

 

載せて計ってみます。

 

 

ヒップバッグは、172gでした。

 

で、先日追加購入したバックパックは?

 

 

284g?

 

サイトには、約400g(380g)?ぐらいと記載があったと思います。

 

あまり変わりないじゃん!!!

 

念のため、その前に購入しているオレンジのバックパックも計測。

 

 

計り方の問題もありますが、308g。

 

ヒップバッグと比較しても、約100〜130g重たいだけでした。

 

まあ、この差をどう見るか?ですが、これなら背負ってもあまり関係なさそう。問題は、バッグの質量ではなく、中に何を入れるか?でした。まったく迷走中です。

 

で、せっかくなので、身近にあるこんなものも測定。

 

 

 

容器の重さも考えるときっと合ってますよね?

 

さて、不安が払しょくされつつあるので、迷った挙句、バックパックになる可能性大。

 

でも、今週走るときには、ヒップバッグも試してみよう。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

ツイッターアカウントはこちらです@ultra_tabibito

 

 

 

 

2018日光100Kのスタート地点

  • 2018.04.03 Tuesday
  • 11:37

旅人です。

 

4/1、2と連続で完全休養。

 

今日は4/3(火)ですが、まだ足の疲労があります。強度の高い運動をしたあと回復までの期間が長すぎるとしたら、その強度が自分にとって適切だったかどうか?を考える必要があると感じました。

 

ジョギングを始めて3年目ですが、1年目のときの年間走行距離が3000kmでした。

 

自分にとって強度が高すぎたようで、ジョグをやるたびに疲れていた一年でした。「やがて、体力が追いつくはず」と思い続けていました。確かに、3年目のいまようやく体力がついてきた感じがしますが、トレーニング強度と自身の体力に差が開きすぎていると、こと「タイム」関しては伸び悩むと思います。

 

順を追って成長させてゆくほうが適切なのだと思います。

 

ただ、こうした強度も一人でトレーニングを考え、続けている場合においては「実施したあと」に分かることがほとんど。

 

今日は、先日の重りランが適切だったのか?振り返っているところです。

 

さて、話は変わり、6月に出場予定の日光100Kウルトラマラソン。

 

こちらのスタート地点が昨年(今市運動公園)と変わり、日光市霧降スケートセンターとなりました。

 

馬返しまでだいぶ距離が縮まりましたが、スケートセンターの標高はいったいどのくらいなのか?日光市に問い合わせてみました。

 

最終的には産業建設課というところで調べてもらい、電話で回答をもらいましたが、

 

スタート地点

日光市霧降スケートセンター

標高649m

 

第一関門

馬返し公衆トイレ

標高904m(差255m)

 

中禅寺湖付近

標高1,281m

 

最高地点(中宮祠のあたり?)

標高1,310m

(スタート地点からの差661m)

 

第五関門付近(日光杉並木街道)

標高350m

 

 

このような情報を得ました。

 

なお、google Maps 標高 (SRTM版)というもので調べたとのことでした。自分でも調べられるのでしょうか?

 

スタートから「いろは坂」を上り切るまでが一つの山。

 

そこから30km近く下り、鬼怒川方面までがまた緩い上り。昨年は到達できませんでしたが、鬼の階段、東武ワールドスクエアは今年、70Kよりも手前に現れます。

 

80km過ぎの日光杉並木街道あたりが標高350mとの情報ですが、ここからゴールのスケートセンターまでがまた緩い上り。後半に、約20kmも上りが続きますので、70〜80kmの距離で足が残っていないととても完走できません。

 

そのためのトレーニング?だと思えば、3日目の今日も疲労が続く重りランも意味があったのでしょうか?

 

トレイルレースや、まだまだ険しいレースは数多くありますが、まずはこの日光100Kを完走したい!

 

その思いを胸に、頑張ります。

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

次回、ウルトラマラソンのペース?

  • 2017.11.21 Tuesday
  • 07:50

旅人です。

 

レース明けの昨日はジョグでした。

 

昼間はガッツリ仕事。夕方は丸一日経っても足が筋肉痛でしたが、他の痛みがないか?どの程度走れるのか?を確認するために走りました。

 

 

ペースは、6:20/km。

 

いつもの5:20/kmではさすがに走れずこのペースとなりました。

 

太ももに筋肉痛はあったものの「ふくらはぎ」は痛みがなく、この点では良い走りができたと思います。

 

また、筋肉痛以外の痛みはなく、足首や腰など確認しながら走りましたがケガもなさそうです。もちろん上半身の筋肉痛はありません。

 

それと、

 

約13kmのジョグで気づいたのですが、このペースならあと10km以上は走れるかな?という感覚でした。(走れないかもしれませんが、感覚として)

 

なので、次回、ウルトラマラソンに向けてのトレーニングをする際の一つの目安にしたいと思います。

 

6:20/km。

 

前回のレースも、そして事前の練習も、完走に向けては「ゆっくり走る、足を温存させて走る」という漠然としたものしか持ち合わせていませんでした。キロ何分ならばどの程度走れるのか?逆に走れないのか?事前に知っておく必要があると感じているのが今。

 

よーく考えれば当たり前なんですが、もうウルトラマラソンに出るんだ!という、それだけで舞い上がっていたように思います。

 

まあ、そのような燃え上がるような気持ちの感情もいつまで続くか分かりませんから、初心者ならではのこうした気持ちの高ぶりも大切にしてゆきたいとは思いますが、一方、完走を目指すなら冷静に計画を立てる必要があるなと。

 

その一つの目安(ペース)として、このタイムを設定してみました。

 

次回、ウルトラ用の練習の際は、キロ6:20が目安です。

 

 

あと、昨日アップし忘れたので、高低差のある「西金砂郷登山マラソン」(14km)のアプリ画面。

 

 

現状よりも向上するためには、全力でのデータも頭に入れなながらどこをどう改善すべきか?

 

また考えながらやってゆきたいと思います。

 

P.S.

今週は、水曜か?木曜か?それとも2日続けてのランオフか?

なので、たぶん今日も走ると思います。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

日光の反省から。

  • 2017.07.17 Monday
  • 08:35

旅人です。

 

日光ウルトラから約3週間が経過しました。

 

前にも書きましたが、旅人は70kmでタイムアウト。もし時間が足りていても、もう足が終わっていたので無理でした。

 

初めての100km挑戦。

 

まだマラソンをはじめてたかが2年だろうと言われてしまえばそれまでですが、自分では完走するつもりでエントリーしたので残念な結果ではあります。

 

ただ、完走できなかったにも関わらず悔しさがない。

 

実力とレースの壁が違い過ぎて悔しさにまで至らなかったというのが本音。

 

前回の勝田マラソンなんてもう悔しくて不甲斐なくて、翌日から走っていたのに。。。

 

でも、完走できなかったことで自分のトレーニングの至らない部分がたくさん見えて良かった大会でした。

 

サラリーマンの方も、旅人と同じように自営業の方も、「走る時間の確保」の難しさの中でどんなトレーニングをするか?

 

結果、目指すところ(ゴール)は同じでも、トレーニングの内容によってタイムの違いや終わった時の肉体の疲労度なども変わってくると思います。

 

旅人の場合、

 

マラソン歴2年、月間走行距離250km前後、フルマラソン出場2回(まだ4時間35分前後)ですが、このレベルでは、上り下りのある「日光100K」は完走が難しい。

 

特に、今回のレースでは、「強度」のある練習を避け、「距離」への不安からロングの耐久性ばかりを求めてきました。

 

個人的には、マラソンを始めて3年ぐらいは、「距離への耐性」から入ろうという思いがありました(これもアプローチの方法であり、他人とは違うのかもしれません)スピードやタイムに関心が薄いのはそのせいかもしれません。

 

しかし、走る距離が短くても、「強度」の高いトレーニングをこなしてゆくほうが「距離」も走れるようになるのでは?という思いもあります。

 

毎日10km走っても、ジョグペースだと機能的には落ちてきてしまうからです。

 

「強度」の高い練習は、もう少し先ぐらいからで良いかな?という漠然とした計画と、すでにレースに出場してしまっているので、結果と練習メニューが乖離してきている現状があります。

 

このギャップを埋めないと、つまり、もうそろそろ強度の高い練習を始めてゆかないと、「完走」もできないし、何のためにレースに出ているのか?分からない。(これって、すでにマラソンを経験されてタイムを目指している方は誰もが通過する悩みですよねきっと)

 

今回の日光100K、

 

同じトレーニング、あるいは、もっと月間の練習が少なくても体重や脚力、体力、走力などが異なりますから完走できた方もいると思いますが、他人のそれは参考にはなっても、走るのは自分ですから、やっぱり自分がどんな練習をすると完走に近づくのか?を考えてメニューを組んでゆく必要があるなと。

 

繰り返しますが、

 

私は、タイムやスピードには関心が薄い。しかし、距離への憧れ、最終的にはウルトラトレイルに挑戦したいという、これも漠然とした希望があります。

 

長距離を走るためには、まずはジョギングから始め、その名の通り、長距離を踏めるようにしたい。

 

しかし、長距離というか、超!長距離を走り切るためには、強度の高いトレーニングが必要。そのためには、タイムやスピードに関心を持つことも必要。

 

タイムやスピードは、少し先になってから考えればいいやという思いだったものの、ウルトラマラソンに出てしまった以上、完走目指すなら、もうそれが必要な時期に来てしまった。

 

まとめるとこんな感じですかね。

 

ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング

 

フルマラソンを早いタイムで完走する方は、ウルトラマラソンも完走できる確率が高いわけですよね?

 

フルマラソンを早いタイムで完走する方は、きつい(強度の高い)練習もしているわけですよね?

 

「ウルトラマラソンを完走してみたい!」

 

でも、終わった翌日から仕事(肉体労働)がこなせない体力なら、いまの自分は出ない方がいい。

 

仕事ができないと、自営業は特に生活できませんから。

 

ウルトラトレイルはまた別物なのでしょう。だいぶ先になるでしょうが。

 

まずは、いまのレベルよりも一つ上の階段を上りたいと思います。

 

ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング

 

P.S.

片付けをしていたら、高校のときの黒帯(柔道)が出てきました。いったいどこにしまっていたんだろう?道着は前からあったのですが、帯が見つからなかった。実は、40歳過ぎてからもう一度柔道やってみようかな?なんて思ったことがあって探したことがあります。帯だけ見つからなかった。それが、出てきた!ということは?

 

いえ、もうマラソンを始めてしまったのでやらないと思いますが。

 

柔道も好きなんだよなぁ。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

 

 

 

 

日光ウルトラ参加賞ほか。

  • 2017.07.07 Friday
  • 08:29

旅人です。

 

きょうは、昨日の仕事で筋肉痛となりました。

 

まあ心地よい筋肉痛です。

 

ランオフは続きますので、日光100Kの参加賞編です。旅人は、第一弾アーリーエントリーでした。

 

日光ウルトラTシャツ

 

下、バックプリント

 

日光100K参加賞

 

 

 

右袖にあるロゴ

日光オレンジTシャツ

 

左袖のロゴ

日光ウルトラマラソン参加賞

 

首にまくもの?ディプシーカバーイット

 

ディプシーカバーイット

 

日光ピンバッジ

日光100Kピンバッジ

 

 あと写真忘れてしまいましたが、日光杉で作ったお箸もついてきました。それと、エナジードリンク1本。

 

以下は、参加賞ではなく、購入したグッズ(Tシャツとタオル)。

 

おもて

 

バック

 

タオル

 

 

番外編。スタート前の旅人です。

 

 

P.S.

日光に行くとほぼ必ず買うのが、綿半というお店の「日の輪」。和菓子です。

餡が入った饅頭で旅人は大好きです。日持ちしないので土産向きではないですね。

ちなみにこちらの塩羊羹も美味しいです。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

 

 

 

 
 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

マラソン結果

フル:03:58:11 (2017水戸黄門)

ハーフ:1:41:14 (2018大子町)

10km:46:30 (2018勝田)

3km:11分56秒 (2018千波湖元旦)

スポンサードリンク

マラソン関連本

ダニエルズのランニング・フォーミュラ 第3版

新品価格
¥2,160から
(2018/2/24 18:13時点)


42.195KM トレーニング編 第2版

新品価格
¥3,024から
(2018/3/20 12:46時点)


ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング





MYシューズ






ブログランキング

よろしかったら投票お願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM