日光の反省から。

  • 2017.07.17 Monday
  • 08:35

旅人です。

 

日光ウルトラから約3週間が経過しました。

 

前にも書きましたが、旅人は70kmでタイムアウト。もし時間が足りていても、もう足が終わっていたので無理でした。

 

初めての100km挑戦。

 

まだマラソンをはじめてたかが2年だろうと言われてしまえばそれまでですが、自分では完走するつもりでエントリーしたので残念な結果ではあります。

 

ただ、完走できなかったにも関わらず悔しさがない。

 

実力とレースの壁が違い過ぎて悔しさにまで至らなかったというのが本音。

 

前回の勝田マラソンなんてもう悔しくて不甲斐なくて、翌日から走っていたのに。。。

 

でも、完走できなかったことで自分のトレーニングの至らない部分がたくさん見えて良かった大会でした。

 

サラリーマンの方も、旅人と同じように自営業の方も、「走る時間の確保」の難しさの中でどんなトレーニングをするか?

 

結果、目指すところ(ゴール)は同じでも、トレーニングの内容によってタイムの違いや終わった時の肉体の疲労度なども変わってくると思います。

 

旅人の場合、

 

マラソン歴2年、月間走行距離250km前後、フルマラソン出場2回(まだ4時間35分前後)ですが、このレベルでは、上り下りのある「日光100K」は完走が難しい。

 

特に、今回のレースでは、「強度」のある練習を避け、「距離」への不安からロングの耐久性ばかりを求めてきました。

 

個人的には、マラソンを始めて3年ぐらいは、「距離への耐性」から入ろうという思いがありました(これもアプローチの方法であり、他人とは違うのかもしれません)スピードやタイムに関心が薄いのはそのせいかもしれません。

 

しかし、走る距離が短くても、「強度」の高いトレーニングをこなしてゆくほうが「距離」も走れるようになるのでは?という思いもあります。

 

毎日10km走っても、ジョグペースだと機能的には落ちてきてしまうからです。

 

「強度」の高い練習は、もう少し先ぐらいからで良いかな?という漠然とした計画と、すでにレースに出場してしまっているので、結果と練習メニューが乖離してきている現状があります。

 

このギャップを埋めないと、つまり、もうそろそろ強度の高い練習を始めてゆかないと、「完走」もできないし、何のためにレースに出ているのか?分からない。(これって、すでにマラソンを経験されてタイムを目指している方は誰もが通過する悩みですよねきっと)

 

今回の日光100K、

 

同じトレーニング、あるいは、もっと月間の練習が少なくても体重や脚力、体力、走力などが異なりますから完走できた方もいると思いますが、他人のそれは参考にはなっても、走るのは自分ですから、やっぱり自分がどんな練習をすると完走に近づくのか?を考えてメニューを組んでゆく必要があるなと。

 

繰り返しますが、

 

私は、タイムやスピードには関心が薄い。しかし、距離への憧れ、最終的にはウルトラトレイルに挑戦したいという、これも漠然とした希望があります。

 

長距離を走るためには、まずはジョギングから始め、その名の通り、長距離を踏めるようにしたい。

 

しかし、長距離というか、超!長距離を走り切るためには、強度の高いトレーニングが必要。そのためには、タイムやスピードに関心を持つことも必要。

 

タイムやスピードは、少し先になってから考えればいいやという思いだったものの、ウルトラマラソンに出てしまった以上、完走目指すなら、もうそれが必要な時期に来てしまった。

 

まとめるとこんな感じですかね。

 

ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング

 

フルマラソンを早いタイムで完走する方は、ウルトラマラソンも完走できる確率が高いわけですよね?

 

フルマラソンを早いタイムで完走する方は、きつい(強度の高い)練習もしているわけですよね?

 

「ウルトラマラソンを完走してみたい!」

 

でも、終わった翌日から仕事(肉体労働)がこなせない体力なら、いまの自分は出ない方がいい。

 

仕事ができないと、自営業は特に生活できませんから。

 

ウルトラトレイルはまた別物なのでしょう。だいぶ先になるでしょうが。

 

まずは、いまのレベルよりも一つ上の階段を上りたいと思います。

 

ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング

 

P.S.

片付けをしていたら、高校のときの黒帯(柔道)が出てきました。いったいどこにしまっていたんだろう?道着は前からあったのですが、帯が見つからなかった。実は、40歳過ぎてからもう一度柔道やってみようかな?なんて思ったことがあって探したことがあります。帯だけ見つからなかった。それが、出てきた!ということは?

 

いえ、もうマラソンを始めてしまったのでやらないと思いますが。

 

柔道も好きなんだよなぁ。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

 

 

 

 

日光ウルトラ参加賞ほか。

  • 2017.07.07 Friday
  • 08:29

旅人です。

 

きょうは、昨日の仕事で筋肉痛となりました。

 

まあ心地よい筋肉痛です。

 

ランオフは続きますので、日光100Kの参加賞編です。旅人は、第一弾アーリーエントリーでした。

 

日光ウルトラTシャツ

 

下、バックプリント

 

日光100K参加賞

 

 

 

右袖にあるロゴ

日光オレンジTシャツ

 

左袖のロゴ

日光ウルトラマラソン参加賞

 

首にまくもの?ディプシーカバーイット

 

ディプシーカバーイット

 

日光ピンバッジ

日光100Kピンバッジ

 

 あと写真忘れてしまいましたが、日光杉で作ったお箸もついてきました。それと、エナジードリンク1本。

 

以下は、参加賞ではなく、購入したグッズ(Tシャツとタオル)。

 

おもて

 

バック

 

タオル

 

 

番外編。スタート前の旅人です。

 

 

P.S.

日光に行くとほぼ必ず買うのが、綿半というお店の「日の輪」。和菓子です。

餡が入った饅頭で旅人は大好きです。日持ちしないので土産向きではないですね。

ちなみにこちらの塩羊羹も美味しいです。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

 

 

 

 
 

日光100kmウルトラ(まとめ)

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 08:12

JUGEMテーマ:ウルトラマラソン

 

旅人です。

 

本ブログを書く前に、旅人は、「ゴールできませんでした」ことをお伝えしておきます。

 

70kmを過ぎたところで、次の関門(第四関門15:00)に届かず、バスに強制収容され終わりました。

 

今回完走された方、惜しくもリタイヤされた方など、すでに出場された方のブログも次々とアップされておりますが、旅人も出場者ということで、自分なりの「日光ウルトラ」を簡単にまとめたいと思います。

 

(前日〜当日)

水戸駅から高速バスで宇都宮へ

(水戸線経由も考えましたが、乗り換えがないのでバスで)

 ↓

宇都宮で餃子ランチを食べ、日光線で今市駅へ

 ↓

シャトルバスで会場へ(今市運動公園)

14時の説明会を前にすでに出場者の方々が続々と会場へ

 

 

ゼッケンを引き換え、説明を聞いて終わり各ホテルへ

(シャトルバスが1便で満員となり、2便が17時の説明会以降でないと出ないということで駅経由で自腹でホテルへ)

 ↓

ホテルで風呂に入り、夕食(18:30)後、1時起床、2時朝食、3時シャトルバスで運動公園へ出発

 

(当日)

100kmの部は、4:30スタート

 

 

 

スタート直前は小雨が降っていました。

 

まずは、第一関門の馬返し(19.9km)まで、右ひざに注意しながら遅いペースでスタート。

 

最初の10kmまでは、キロ7分30秒〜8分のペースで。どうしても、いろは坂までは行きたかったので。

 

11km〜20km(第一関門)までは、キロ約7分のペースで。

 

途中、日光杉並木。そして、日光東照宮のなかを走ることができたのは良い経験でした。

 

 

そして、なんとか馬返しまで膝の痛みもなく到着。(関門の15分前ぐらいギリギリでした)

 

(ポイント)

馬返しから上り(いろは坂)だと勘違いしていましたが、スタートからずっと20kmの距離、緩い上り坂なんです。しかも、馬返しの少し前はもういろは坂に近い勾配。旅人のように遅いペースで走る方は、ロードの20kmではないのでタイムは気にする必要があります。

 

いろは坂はとてもきつく、走ったり歩いたりを繰り返しました。約8kmの坂。

 

上り切ると下り勾配となり、中禅寺湖。目の前には、昨年登った日光男体山。

 

 

次の関門が、日光自然博物館(33.7km地点、9:15)。

 

ここもギリギリでした。5分前ぐらいだったと思います。

 

やがて、下りの「いろは坂」。右膝に注意して走ったつもりですが、あろうことか?左ひざが痛くなり、下りでも歩いたり走ったりとなってしまいました。もう痛くて痛くて。

 

何とか約8kmを下り切り、元の馬返し(合流地点)から往路と同じロードをこちらもずっと下ります。

 

再び、日光東照宮。そして、鬼怒川方面に向かう途中、第三関門。

 

もう足(膝)が痛くてどこでリタイヤすべきか?そればっかり考えていたのですが、足がロボットのように棒状になってしまったら、このロボット走りによってなぜか?左ひざの痛みが消えたんです。あれ?痛くない!

 

フォームも走り方も間違っているのだとは分かっていても、痛みが消えたことで猛ダッシュ。

 

第三関門(51km、11:45)に到着したのは、11時43分40秒ごろ。ギリギリ過ぎてマンガの世界。

 

第二関門を後にしてからずっと下りなんです。二度いいますが、ずっと下りなんです。

 

よって、膝が悪い方にはおすすめできないコースです、ほんと。

 

やがて完全に下り切り、鬼怒川方面(日光江戸村内の給水所)へ向かう道中、今度は、ゆるい上り勾配。

 

ここで完全に足が終わりました。

 

ロボット走りも通用せず、江戸村にはたどり着いたものの、そこからほぼ歩き、次の東武ワールドスクエアには届かず、70kmを越えたところでタイムアップとなり、旅人の初100km挑戦は終わりました。

 

 

一昨日も書きましたが、悔しさがみじんもありません。旅人にはレベルが違い過ぎたせいでしょう。

 

丸一日(約10時間30分)も走って歩いて、日光を駆け巡って、楽しい楽しいレースでした。

 

また挑戦したい!とは今のところ、思いません。

 

もっと、底辺の部分から地道に走りなおして、ゴールが見えるようになったら何年先か分かりませんが、その時に再チャレンジしたいと思います。

 

7月に入りましたね。

 

旅人のジョグ歴も3年目に入りました。

 

P.S.

レースが終わって2日目。上半身の筋肉痛は、レース中、レース後から全くありません。膝は、左ひざの外側下が激しく痛み、階段を下りるのも大変です。下半身の筋肉痛は多少ありますが、さほどでもありません。膝の痛みがなければ走れる程度。レース中、ずっと摂取していたアミノ酸のおかげだと勝手に思っています。ロングを走ったことで、目に見えない疲労もあると思いますので、今週はゆっくりと体を休めてあげたいと思います。「肉体は借り物だから」(by遠藤光男さんから頂いた言葉)

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日光ウルトラ結果(速報)

  • 2017.07.02 Sunday
  • 15:43

旅人です。

 

旅人の日光は、70kmで終了しました。

 

次の関門のタイムアウトということでバスに回収🚌されてしまいました。

 

いまバスの中で速報ブログを書いているのですが、会場へ向かうロードをまだ選手が走っています。本当なら悔しくなければいけませんが、全く歯が立たなかったといこともあり、意外とサバサバしています。

 

またチャレンジ?

 

いえ、いまは、1ミリも走りたくない心境です。いつもなら悔しくて燃えているところですが、こんな気持ちも初めて。

 

旅人の日光は終わりましたが、完走された方、本当に本当におめでとうございます。

そしてゴールを目指して頑張っている選手にも拍手です。

 

ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング

 

P.S.

旅人がアメブロで好んで読ませて頂いているブロガー、いやランナーのHN落ちこぼれのトレイルランナーさんにお会いすることができました。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

 

 

1時起床。

  • 2017.07.02 Sunday
  • 01:39

旅人です。

 

眠いです。でも1時間ぐらいは寝れたかも?出場者は皆同じでしょうね。

 

いま足にテーピングを終えたところです。

 

このあと、2時からホテルで朝食。3時にシャトルバスで出発し、各ホテルを経由して昨日受け付けをやったスタート会場の今市の運動公園へ。

 

右膝は走る前で痛みは出ていませんが、左足の付け根が痛いので鎮痛剤スプレーを連日塗ってきましたが、まあ根本的な解決では無いのでこの痛みはどうしようもないですね。

 

ただ、昨日乗ったシャトルバス内での選手の会話でも同じ話が聞こえてきて、変な安心感。

 

とにもかくにもあと3時間後にはスタートですので、本日出場される皆さん一緒に頑張りましょう。

 

旅人も、とにかく1kmでも遠くへ!の気持ちで頑張ります。

 

p.s.

熊本と北海道の地震大丈夫でしょうか?

そしてこちら日光も活火山地帯です。

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

ウルトラマラソンと血尿?

  • 2017.05.16 Tuesday
  • 08:34

JUGEMテーマ:ウルトラマラソン

 

昨日は、ジョグ。

 

距離は、5.51km。ペース7:05/km。

 

時間がとれるか?微妙でしたが、なんとか確保。ただ、仕事での疲れと上半身の筋肉痛もひどく、39分もかかりました。

 

これから夏場に向けて肉体労働も本格的になってきます。

 

少しでも走れることに感謝!です。

 

さて、嫌なタイトルにしましたが、すでに血尿の経験のある方やウルトラマラソンなどに出場されている方の中には検索された方も多いのではないでしょうか?

 

旅人は、高校時代、空手をやっていたので、血尿については聞いたことがあります。鍛錬の一つに、「砂袋」でスネを鍛える方法があるのですが、度が過ぎると毛細血管が切れて血尿が出ることがある、と当時聞いたことがあります。ちなみに、私はそこまで追い込んでいませんでした。

 

あれから数十年?

 

今年の2月にスキーに行った翌朝のこと。

 

あまりにもびっくりしてブログには書かなかったのですが、一度だけ血尿が出たんです。

 

いくら走っているからといって、スキーのそれとはまた激しさも異なり、しかも、30本以上滑りましたから足へのダメージもそれなりだったと思います。挙句には、あまりにも気温が高くなったその日、2度の休憩(食事とハイボール)以外は休みなし。

 

マラソンに置き換えても、水分不足はあったはず。

 

それで、ネットで調べたら、ウルトラマラソンを走るランナーに血尿が出る方がいると知りました。激しい運動に加え、水分補給なども関係していることを何となく知り、少しほっとしたのと、逆に怖くもなりました。

 

医者ではないですから勝手なことは言えませんが、横紋筋融解症や急性腎障害などの過程で血尿が出ることがあるそう。

 

走る前に知ること、

走っている間にも注意すること、
走り終わった後の休養も注意すること、
この3点、つまりすべてが重要なのだなと。
異常を感じたら医師の診察がベストですが、いざレースが始まったら当たり前のことなのですが、「水分補給」「塩分補給」、加えて、走ることで起こる筋肉疲労や筋肉細胞の破壊、減少、これらの回復を少しでも早めるアミノ酸摂取も必要なのかな?(長距離では毎回摂取していますが)と感じました。
特に水分補給は、気温との関係や季節による発汗の代謝の違いなどもあるので、もっと自分のカラダを知ることが大切だなと。
ウルトラマラソンというのは、単に距離が長いというハードさだけでないんだな、と感じました。
P.S.
映画「無限の住人」見ました。
殺陣は、勝新太郎の「座頭市」が好きで、自分の中でベースにあるんですが、いまの時代はこちらなんですね。これはこれでとても楽しめました。

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

 

 

 

 

 

 

ウルトラ用トレ(58km) 愛宕山〜吾国山縦走

  • 2017.05.04 Thursday
  • 09:32

旅人です。

 

5/3、4、5の3日間、仕事を休みとしたので、連休初日の昨日走ってきました。

 

行先は、前回と同じ笠間市(旧岩間町)にある愛宕山方面。

 

スタートは勤務先の事務所。

 

シューズは、先日購入したミズノラッシュアップ2。

 

 

トレランバッグに詰め込んで、水戸からロードを走ってゆきます。

 

5kmも走らないぐらいで、今日は足が重いなぁ、それと2日前に痛めた左の腰が痛いなぁ、やめようかなと葛藤が始まる。

 

で、「痛みのないウルトラマラソンはない」と走ったこともないくせに旅人は自分に言い聞かせ、バッグに積んだロキソニンのジェルを足にすりこむ。

 

すると、どうでしょう。

 

痛みがすっと消えてゆきました。足は変わらず重かったものの、「前回から2週間では疲労が完全に抜けない(もっとも、過ごし方がまずかったのですが)」ことが分かりこれはこれで成果です。

 

50号バイパスを笠間方面に走り、途中左折。県道30号を岩間方面にずっと走ると、愛宕山が見えてきます。

 

麓の手前にあるセブンまでが、約23km。前回と違って足がもう参っています。ここから、山に向かって平坦なロードを進み、坂を上ってゆくわけですが今回は、あえて歩きました。

 

理由は、前回は走って(歩き交じり)で登ったのですが、その時のタイムと、歩ったときのタイムの差を調べるためです。日光のいろは坂を走ってみたくてエントリーしたウルトラマラソンなのですが、あの坂を走るべきか?歩くべきか?を考えるために、歩いて上りました。

 

上までいって、駐車場を過ぎ、その少し先から難台山目指して山に入ります。ここまでが、27km。

 

すでに、出発してから3時間30分が経過。

 

でも、8:30に出てきたので前回よりは早めに山に入ります。

 

それから約1時間で難台山の山頂。休憩や写真撮影はお預けして、今回は、その先の吾国山を目指し、さらにはその向こうの福原駅まで降りてみます。

 

とはいうものの、いきなり急な坂が続き、歩いてしまい、写真をパチリ。

 

 

難台山から3kmちょっとでしょうか?

 

吾国山に到着。

 

 

 

 

結構きつかったです。

 

山頂でおにぎりを1個補給し、今度は福原駅方面へ下山。

 

ここまでの間、何度もロキソニンとメンソレータムを塗りながら走ったり、歩いたり。

 

福原駅に到着したのが、15時。スタートしてから6時間30分経過。

 

ここまでで約40km。

 

電車で帰ろうか?迷ったのですが、時刻表を見て、次の列車を待つぐらいなら走ろうと、50号バイパスに出てゆっくりと走り出します。

 

ところが、ここで完全に足が終わりました。

 

動かない。

 

とにかく、歩いて、走っての繰り返し。

 

やがて、笠間市内に入り、ここで、笠間駅まで行って電車で帰るか?常磐線の内原駅方面を目指すか?の選択。

 

地元の人?と思われるおじいさんに、「ここから内原駅まで行きたいのですが、10kmぐらいありますか?」と尋ねてみました。

 

私が尋ねた地点までで、走行距離46km。

 

もし、10kmぐらいあると言われたら、ここで終了して笠間駅まで走ろうと思いました。

 

笠間駅まで行けば、2〜3kmだったと思います。

 

尋ねると、

 

「ない、無い。10kmはないよ。平坦だし、まっすぐだから」とのこと。

 

車では何度も通っているのですが、距離も地形も全く思い出せません。

 

10km無いなら、笠間駅に行って列車を待つより、直進したほうが良いな。そこで終わりにしようと、また歩きと走りを交えて再スタート。

 

ちょうど笠間市で開かれている陶炎祭(ひまつり)の影響でしょうか?

 

渋滞の中、ジロジロと見られながらひたすら直進します。

 

しかし、行けども行けども、見慣れた内原(目印は、内原イオン)まで到達しません。

 

10kmない、イコール半分の5kmぐらい?と勝手に良いイメージを持って走りましたが、ない。進んでも全く内原イオンが見えない。

 

やがて見えてきたのは、18時前。

 

見えてからが、さらに長かった。

 

目の前にある駅まで数百メートルの長いこと。

 

走行距離58.47km。

 

休憩と信号待ち入れて、9時間26分。

 

本当なら、走って帰ってきたかったのですが、内原から事務所まで約13〜14km。昨日の足の疲労ではもうダメでした。

 

撃沈して終了。

 

内原駅から電車に乗り、水戸駅からはなんともぜいたくにタクシーに乗って帰宅。

 

楽しい楽しい連休の初日が終わりました。

 

残りの連休は、弟夫婦が遊びにやってきたこともあり、完全に休養とします。たぶん。

 

いや〜しかし、ほんと疲れた。

 

P.S.

起伏のある山をまた選ぶのか?それとも平坦なロードで長い距離を走るのか?迷ったのですが、やっぱり、日光をイメージすると、「20kmロードを走ってからのいろは坂」、この関門をクリアして標高差1200mを上がれるのか?まずそこが微妙な旅人は、山を選びました。せめて第二関門の日光自然博物館を越えないと。まずは連休中、ゆっくり休んで、改めてトレーニングを振り返って、次に活かしたいと思います。

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

 

 

日光いろは坂。

  • 2017.03.06 Monday
  • 09:41

旅人です。

 

いつも読んでいる落ちこぼれトレイルランナーさんのブログに、「いろは坂RUN」を走ってきたとありました。

 

日光100kmに出場される方のなかにはこうしてすでにコースを下見したり、走られたりしている方がいるんですね。

 

落ちこぼれトレイルランナーさんのブログ

http://ameblo.jp/shinji1955/

 

栃木県はお隣ですし、日光は大好きな場所なので何度も行っていますが、さすがに「走る」となると、気軽に日光に行ったからといってできるものでもなく、計画が必要ですよね。旅人にはまだ時間と心の余裕がありません。でも、行きたいです。坂を見ると、走ってみたくなります。

 

さて、ウィキペディアで見たいろは坂の距離ですが、

 

第一いろは坂:6.5km
第二いろは坂:9.5km

 

とありました。往復で約16km。

 

ちなみに、日光100kmウルトラのスタート地点「今市運動公園」から第一関門である馬返し公衆トイレまでが、公式サイトの発表だと、距離19.9kmとあります。そして、いろは坂を上った先の第二関門「日光自然博物館」が33.7kmとあります。

 

実際のレースでは、約20km走った先に、いろは坂があるわけでして、単に往復16kmの坂を上り下りするわけではないことをしっかりと頭に入れておく必要があるかなという感じです。

 

エントリーされた方、いろは坂は走られましたか?

 

ウルトラマラソン勝者の100日トレーニング

 

にほんブログ村 超ウルトラ・ウルトラマラソン

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村

日光100kmに向けてやるべきこと。

  • 2017.02.27 Monday
  • 12:45

旅人です。

 

2月ももう終わりです。

 

きょうは休足日ですが、「日光100kmウルトラマラソン」に向けて、自分がやるべきこと、やらないことを再度振り返ってみました。(以下、以前にも書いたことと一部重複します)

 

ウルトラマラソンを完走する練習方法を知っているわけではないので、雑誌やブログ、また完走した方の情報などをもとにしています。細かい練習方法は個々によって異なると思いますが、大きな目標としては次の2つです。

 

1.月間の走行距離は、レース距離(100km)の6倍を走る

2.レース距離(100km)の70%の距離を事前に走る

 

上の情報が完走のために正しいかどうか?その検証は省きます。私自身がウルトラランナーではありませんので。

 

ただ、この2つは完走するためにやっぱり必要な要素なんだろうなあという思いはあります。もちろん、完走といっても、トップでタイムを競ってゴールするのか?タイムは気にせずゴールするのか?あるいは、制限時間内にゴールはし翌日は普通に仕事ができるレベルなのか?あるいは翌日仕事にならないほどのダメージが残るの?など、同じ「完走」といっても目標や結果がさまざまであり、必ずしも上の2つの方法が全てのウルトラランナーに必要かどうか?は別だと思います。

 

また、私自身は、上の2つの目標が必要と思っているものの、自身の体力とトレーニングに充てられる時間から考えると、現時点で、月間走行距離を6倍の600kmに設定するというのは不可能な数値目標です。月間の最高は、過去にも329kmです。現時点でいきなりチャレンジすれば故障するでしょう。

 

ということで、当面の目標は、レース(100km)の70%の距離、つまり70kmを事前に走る。

 

これが目標だと感じています。

 

フルマラソンでも、30km走(フルの70%は29.5km)を事前にやったほうがいいと言われていますから、そうなのかな?と。

 

しかし、ウルトラ100kmにおいてのゴールはそこからさらに30kmも先。70kmの距離が事前に走れないようだと完走が難しいと予測できます。

 

その70kmを練習において走るために、いまの練習があるのだと思っています。

 

できれば、30km走のセット練習が望ましく、2日連続で行っても、そのペースがジョグペースならば、「3日目の疲労はあまり感じない」というレベルが当面の理想です。

 

ですので、2日連続で20km(実際には17〜18kmしかできていません)をできるだけ早く楽にこなしたい。

 

そして、時間を作って、時間走または距離走のいずれかを仕事がオフのときにやる。

 

これができていないので、時々こうして振り返るようにしています。ブログに書いているということは、口に出しているということ。だから、頭だけでイメージしているときよりも、紙に書いた目標のように、少しは前進しています。

 

やらなきゃ!

 

いや、やるんだ!

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

日光ウルトラまでの計画を立ててみました

  • 2017.01.20 Friday
  • 09:23

疲れがとれない旅人です。

 

さて、今年2017年7月2日の日光100kmウルトラマラソンエントリーはブログに書きましたが、

 

レース日が決まっている以上、逆算して、各月のどの日に長距離走の練習をやるか?事前に大まかな計画を立ててみました。

 

本レースで100kmなんて長距離を走ったことはありません。もちろん、歩いたこともありません。

 

過去最高は、昨年の柴又100km(※エントリーは、60kmの部)。完走といっても、歩いた部分も多々ありました。

 

今回はそれ以上の距離に挑戦するわけで、昨年よりも準備が必要だと感じています。

 

その前に、今年すでにエントリーしているレースを並べてみます。

 

(2017年参加予定のレース)

 

 

こんな感じです。

 

ウルトラマラソンの練習本ってあるようでないんですよね。

レースに出場している方のブログがとても参考になるのですが、人によっては、

 

「レース距離の6倍が適切な月間走行距離である」

 

なんてことをおっしゃっている方もいます。

 

レースの距離が100kmだから、つまり、月間600kmの練習が適切な距離ということ。

私も正しいと思っていますでもこのレベルに達するのは、今年は無理です。

 

さて、1/9は30km走をすでに実施。

1/29は、勝田でフル。

2月は、勝田の疲れをとり、後半に30km走を強めで実施予定。

3月は、12日がハーフで全力投球なので、月の後半に軽めで再度30km走を実施予定。

4月は、9日がまたまたハーフで全力。で、この日は、足の状況にもよりますが、レース後、水戸まで走って帰ってこようかな?と思っています。ハーフ+約30km(会場から自宅まで)。まあできない可能性もありますが、これで50km走と同じ。

5月は、前半に、60km走(予定)

6月は、前半に、70km走(予定)

以後、本番まで疲労抜き。

 

こんな大まかな予定です。

 

当たり前ですが、長距離走イコール時間がかかるわけで、事前に、走る日を決めておかないと、予定がつきません。

 

すでにA4用紙にプリントして壁に貼り付けてあります。こうすることで、もし決めた日に長距離ができなくても、その前週、または翌週に意識が向きます。

 

また、計画通りに走れないことも想定しておきます。思った通りに進まないことが分かっていればイライラしませんから。

 

まだ月間600kmは走れませんが、

レース距離(100km)の70%を事前に走る。

 

こちらを目標に頑張ってゆきたいと思います。

 

今月フルマラソンを走られる方、

そしてウルトラマラソンに向けて始動されている方、

 

一緒にがんばりましょう!

 

 

よろしかったら投票お願いします!

↓↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

スポンサードリンク

無敵の1日1食

MYシューズ






ウルトラマラソン関連本

ブログランキング

よろしかったら投票お願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブフォー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ 超ウルトラ・ウルトラマラソンへ
にほんブログ村


マラソン・ジョギング ブログランキングへ


selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM